フォト
無料ブログはココログ

にほんブログ村

イベント・講座などのお知らせ

2017年1月27日 (金)

繭と竹でひな人形を作りましょう!

Photoこんにちは、まゆこです。

Mayubina243

平成29225()26()に当館ではひなまつりを開催し、どなたさまも入館無料となります。

また、午前10時~午後3時までの間、「繭と竹を使ったひな人形作り」を開催いたします。

 

「繭雛(まゆびな)・あい竹雛(たけびな)を作ろう!

日時:平成29225()26日(日)午前10時~午後3時の間でいつでも参加できます。(各50セット)申込み不要・入館料無料

 

  材料費:繭雛は100円・あい竹雛は50円(材料がなくなりしだい終了) 

Dsc_3332←繭雛づくり

Dsc_3337←あい竹雛づくり

当館自慢のバラエティーに富んだ、250躰以上の雛様たちが皆さまをお迎えします。どうぞ、晴れやかな春のひとときを当館のひなまつりでお過ごしください。

まゆこ

2017年1月18日 (水)

昔の「節分の豆まき」を再現します!

Photoこんにちは、まゆこです。

いよいよ今年もみんなで「鬼も目をぶっ潰すっ!」爽快イベント開催の季節がやってまいりました!!

Mamemaki_242

●事業名 「節分の豆まき~鬼の眼をぶっつぶせ~!」

日時 平成29128日(土)午後1時半と2時半

   129日(午後1時半と2時半 

※当日(全4回)資料館前庭に集合し、豆まきを行います。

※豆まき参加者は入館無料となります。

 ※参加者には、福引きがあります。

場所 中央市大鳥居1619-1(シルクの里公園向かい)

     中央市豊富郷土資料館前庭

問い合わせ ℡055-269-3399

 

Dsc_1492 当館で行う節分の豆まきは、古くから山梨に伝わる節分行事を再現したもので、地域文化の伝承をはかるために行います。

 

いまではほとんど行われなくなった甲州独特の節分は、主として昭和30年代初めころまで、甲府盆地各地で行われた記録が残ります。

Dsc_1498

軒先よりも高い竹竿の先に目駕籠や手すくいを縛り、そこにネズミサシ・ヒノキ、スギなどの枝を刺して庭に立てます。

Dsc_1587

夕方、竹竿の先の目駕籠めがけて、「鬼の眼をぶっつぶせ~!」を唱えながら豆を投げ上げるのです。

本人の気づかない間に、鬼は心の中に住みつくものです。

まゆこは毎年、1年のうちに心にたまった見えない鬼を一気にこのイベントで追い出すべく、全力で豆をかごの目にぶつけようと奮闘しています。

←目駕籠にネズミサシバージョン

参加者の皆さんもぜひまゆこと一緒にレッツエキサイト! 

まゆこ的に年々増加する鬼の多さを実感しており、精神衛生上、必要不可欠なイベントとなっております。

←手すくいにネズミサシ

 

しかも、たくさんの来館者の皆様と一緒に鬼をやっつけられるのですから、なんと心強いことでしょう。

Dsc_3437_2参加者の皆さんと共有できる一体感もこのイベントの魅力の一つなんです。

Dscn8663

今年の鬼たちは、一段と手強そうですわよ!

 みなさま、心を一つにして立ち向かいましょう!

まゆこ

2016年12月16日 (金)

酉年トリゲット!

Photoこんにちは、まゆこです。

Torigetto234

 12月ももう半分が過ぎてしまったのですね。

あ~どうしよ~う。

来年1月年明けより、当館では怒涛のイベントラッシュがはじまります。

15日からの開館に合わせて第4回ミニ企画展「縁側の茶器」がはじまり、

年明け最初の土日となる178日は先日お伝えした新年イベント「成長のシンボル トリを作ろう」、

そして、19(月祝)には、新企画「酉年トリゲット」を行うことになりました 

本日はその新企画「酉年トリゲット」のご案内です。

Dsc_0282

当館には、トリをモチーフとした資料が館内に多数あります。

そこで、酉年にちなんだ新年イベントとして、館内資料に描かれていたり、彫刻されていたり、印刷されていたり、刺繍されていたりといった、トリの絵をスケッチし、酉年の意味を考える機会にしたいと思います。

そして、このイベント参加者の入館は無料となります!

「酉年トリゲット」専用スケッチ用紙

具体的には、スケッチするための用紙を受付でお渡ししますので、着物の柄から、お金の絵から、2階養蚕展示室のガラスケースの中からそれぞれ気に入ったトリを見つけ出して、スケッチしてもらいます。

ご家族やグループでチームとなって協力し、一枚のスケッチ用紙を完成させていただいてもかまいません。Dsc_0283

企画展示室内をくまなく回って最後に、完成したスケッチ用紙を職員に見せてくだされば、酉年歴史解説プリントと、参加賞をお一人ずつに差し上げますよ。

「酉年トリゲット」参加賞はトリモチーフの生糸商標(チョップ)しおり。お好きな絵柄をお選びくさいね。

皆さんのご参加、お待ちしております。

その他、115日からは250躰超のお人形が並ぶ第4回企画展「ひな人形展」、そして、12829日には甲州独特の豆まきを再現する「節分の豆まき」を体験事業として行います。

ふ~、準備がたいへんで~す♪

しか~し、年明けの1月、2月は当館にいらっしゃるお客様の数が年間を通して一番多いありがたい時期なのです。

数々のイベント開催に加え、むかしのくらしを勉強するための学校単位の見学が毎日、午前午後とあるので、スタッフは風邪などひいていられないので~す!

イベントの準備は年内に!(当館は1227日までの営業です)さぁ、がんばろう♪

まゆこ

2016年12月 8日 (木)

成長のシンボル・トリを作ろう!

Photoこんにちは、まゆこです。

Tori229

 

 

当館では正月飾り作りが終了しまして、次は新年の恒例イベントである干支のマスコット作りのご案内をしたいと思います。

次年2017年は、「丁酉(ひのととり)」です。そう、運気を取り込むといわれるトリですよ!

良い成果を上げられる年になるように、願いを込めてトリのマスコットを作りましょう♪

今回も当館ならではの、かわいいトリさん2種類をご用意しました。

材料に春から夏にかけて資料館で育てたお蚕さんの繭を使って作ります。ご家族でどうぞ作りにいらしてください。

期 日:平成291月7日(土)・8日(日)(両日とも入館無料)

 午前10時から~午後3時

場 所:中央市豊富郷土資料館エントランスホール

費用:各50個

     (A ニワトリ・・・1個:100円)

     (B   ツル・・・1個:100円)

     申し込みはいりませんが、材料がなくなり次第終了します

     (どちらも一人1個限りとさせていただきます)

持ち物:なし

 小学生から参加できますが、低学年の方は付添いの大人が手伝ってください。

問い合わせ:中央市豊富郷土資料館中央市大鳥居1619-1

   ☎055-269-3399

P14img_0032

工作に必要な貴重な繭は一粒一粒蚕が命を懸けてつくってくれたもの。

Dsc_0118繭を切って、ニワトリの部品をつくっている富子さん。

Dsc_0267小っちゃくてかわいいヒヨコちゃんには、今夏にはじめて飼ったシマシマ模様の虎蚕(とらこ)がつくった珍しい黄色の繭を使わせてもらいます。

Dsc_0130

ツルのキットづくりは細かい作業がたくさんありすぎて、ちょっと後悔の館長であった。

館長「50個用意するのが限界だぁ~」ですって。

でも参加する皆さんはご安心を!

館長の丁寧な仕事のおかげで、皆さんはツルの部品を組み立ててボンドで貼りつけるだけでよいのです♪

朝日をバックに、そびえる富士山よりもっと高くまっすぐに飛んでいくツルは、新春にふさわしいすてきな造形だと思いますよ!(自画自賛)

Dsc_0252

 

毎年大人気のこのイベントですが、また来年の年明けにもたくさんのお客様にきていただけるかしら?

 

皆さんにお会いできるのがたのしみです。

まゆこ

2016年12月 6日 (火)

正月飾りと凧作り教室は今年も盛況だった

Photoこんにちは、まゆこです。

Dsc_0171

もう12月ですね。

クリスマスなんて関係ない当館では、正月に歳神様をお迎えする準備がはじまりました。

毎年12月の初めの日曜は正月飾りをつくるイベントを行っています。

ことしは124日に開催され、多くのご家族の参加がありました。

Dsc_0154←講師は元豊富郷土資料館館長の田中正八先生です。

Dsc_0149

江戸時代から一般的には、1213日のすす払いにはじまり、29日までに餅つきや注連飾り、松飾り等の正月の準備をととのえるのが習わしです。

Dsc_0169

参加者の皆さんも、あとは大掃除を早く済まして飾るだけ!

←地元の農家に特別お願いした青刈りの稲を使って作ります。

玄関の立派な注連飾りをみた歳神様がたくさんの福を持って来てくれそうですね。

Dsc_0180_2午後は凧作り教室を行いました。

当館ボランティアでもある風林火山凧の会代表の渡辺高一先生が教えてくださいました。

Dsc_0190無事に完成!

みなさん、気持ちの良いお正月をお迎えください♪

まゆこ

2016年11月16日 (水)

秋・フランスの田舎みたいな?古墳を歩いた!

Photoこんにちは、まゆこです。

Dsc_0087

←三珠・伊勢塚古墳

去る1113日(日)快晴、歴史文化講座ウォーキング「秋・古墳を歩こう!」を開催しました。

自主的に現地古墳に集合し、ルートを一緒に移動して解説を聴いていただいた方も含めると、24名の参加でした。

Dsc_0035

古墳は民に魅せるためのお墓なので、どの古墳も、盆地を見渡せる素晴らしい眺望を持っています。

←大鳥居・御崎神社古墳からの眺望

Dsc_0051

コースは、資料館集合→大鳥居・御崎神社古墳→木原・三星院古墳群→豊富・伊勢塚→豊富・王塚→三珠・鳥居原狐塚→三珠・波場公園で昼食→三珠・伊勢塚→三珠・大塚→ 資料館企画展見学というものでした。

←木原・三星院古墳

Dsc_0042三星院古墳群では、今では削平されてしまった古墳の痕跡をわずかな地形の変化から皆で観察して意見を言い合ったり、

Dsc_0067豊富・王塚古墳の上で前方部と周溝の規模を想像しながら確認したり、

Dsc_0075←王塚古墳の前方部は22m、幅23メートルだったというが、みんなで在りし日の姿やここからの景観に思いをはせてみる。

Dsc_0077盆地周辺の丘が連なる美しい地元の風景を再発見できました。↑三珠・鳥居原狐塚Dsc_0101

いつも見慣れた中央市内とその隣接地域の風景は、はるか古代(5世紀から6世紀にかけて)先人たちが造営した巨大な古墳とともに伝えられてきた景観なのだと知って眺めると、なんだか心にしみ入ります。

Dsc_0107

参加者からは「まるでフランスの田舎のような風景ね~!」「まったく、フランスに行ったことがないのによくいうわ~」「でも葡萄畑はあるわっ、あはは~」という楽しげな声も聞こえ、カラッと澄みわたった秋空の下、気持ちの良いイベントとなりました。

←三珠・大塚古墳からの眺めを楽しむ参加者

まゆこ

2016年11月12日 (土)

H28正月飾り・凧作り教室

Photo_2年末の当館恒例大好評イベントのご案内です。

224

平成28年度親子体験教室「正月飾り・凧作り教室」は124日(日)開催いたします。

ことしの「親子正月飾り作り教室」と「親子凧作り教室」への参加申込みは1130日(水)までの受付けです。

開催日時:平成28年12月4日(日)

申込み:平成281130日(水)までに、電話で中央市豊富郷土資料館055-269-3399まで申し込んでください。(ただし定員になり次第締め切ります)

参加対象者:各教室 児童とその保護者20

場所:中央市豊富郷土資料館 エントランスホール中央市大鳥居161918(

シルクの里公園内 )

講師:正月飾り作り(田中正八 先生 元豊富郷土資料館館長)

    凧作り(渡辺高一 先生 風林火山凧の会代表)

タイムスケジュール:

・午前9時~正月飾り作り(材料費700円当日納入・ペンチと剪定ばさみ持参)

・午後1時~凧作り(無料)             

   {どちらか一つでも参加できます} 

Dsc_3089昨年の正月飾り(しめ飾り)作りの様子。

Dsc_3098豪華な正月しめ飾りが作れます。(昨年と同じデザインを作ります)

Dsc_3102午後1時からの凧作りの様子(昨年)

Dsc_3105凧の絵は好きなものを描いてください。

 豊富特製、豪華な正月飾りとよく飛ぶ凧をつくりましょう!

そして、新年を気持ちよく迎えてください。

ご家族でのお申込みをお待ちしております。

まゆこ

2016年10月29日 (土)

ぐるぐるまわして麺作り

Photoこんにちは、まゆこです。

本日平成281029日と明日30日は、当館で「こども秋まつり」を開催しております。

今回は、「ぐるぐる回して麺作り」「古銭の拓本をとってしおりを作る」「竹製のぶんぶんゴマを作る」の3つの体験メニューをご用意してお待ちしています。

本日一日目の様子を少しご紹介しますね。

Pa294073

子どもたちに、とにかく大人気だったのは、「ぐるぐる回して麺作り体験」でした。

何回もやりたい人続出でした。

「君たち、明日もやってるからおいで!」

Dsc_1060

いつもガラスケースに入って展示されている江戸時代のお金(天保通宝、寛永通宝など)の拓本をとり、しおりに仕上げる体験はお母さんやお父さん達にも大人気でした。

 

明日も10時~15時まで「こども秋まつり」開催しております。

じつはハロウィーンよりも面白いかもしれない。

来てね!!

まゆこ

2016年9月17日 (土)

歴史文化講座「秋、古墳を歩こう!」

Photoこんにちは、まゆこです。

11月に第4回歴史文化講座として、「秋、古墳を歩こう!」というイベントを開催することになりました。

207

●平成28年度第3回歴史文化講座ウォーキング「秋・古墳を歩こう!」

開催日時 平成2811日(午前915分~午後3

集合解散場所 中央市豊富郷土資料館エントランス 

コース 資料館→御崎神社古墳→三星院古墳→伊勢塚→王塚→三珠大塚→三珠伊勢塚→ 資料館(コース終了後、企画展「王塚と甲斐の五世紀」の展示を是非ご覧ください)

定員 20名 ※市内在住者優先となります。 

参加費は無料です。また、当日の資料館入館料も免除となります。 

申込み 平成281010日(月)~1110日(木)電話で055-269-3399(中央市豊富郷土資料館)まで ※定員になり次第締め切ります。

持ち物 弁当、水筒、タオル、雨具、運動のできる服装2キロほど歩きます。) 

主催 中央教育委員会生涯教育課・中央市豊富郷土資料館

共催 中央市文化協会郷土研究部・中央市歴史文化ボランティアの会

 中央市民の皆さんは、豊富地区やその隣接地に、たくさんの古墳があったことにきっと驚かれることでしょう。

実際に歩き、古墳の痕跡を自分の目で確かめることで、より古代の景観が想像しやすくなると思います。

甲斐の5世紀を駆け抜けた、古代豪族たちの足跡を訪ねてみませんか?

まゆこ

2016年9月10日 (土)

H28こども秋まつり

Photoこんにちは、まゆこです。

平成28年度「こども秋まつり」開催のお知らせです。 

206
日時:平成281029日(土)・30() 午前10時~午後3

場所:資料館前庭・エントランス

期間中は、入館無料・体験料無料・事前予約不要

今年の体験メニューは、

 ぐるぐる回して麺作り体験(前庭)

 山梨の昔の台所の必需品、製麺器を使って、小麦粉のかたまりから麺をつくります。(麺は食べられないけど、うにょ~にゅるにゅると麺が次々と出てくるのが面白いです!)

 古銭の拓本をとる体験(エントランスホール) 

 資料館収蔵の江戸時代等の古銭(天保通宝・絵銭など)の拓本をとり、しおりに仕上げて持ち帰ってもらいます。

 ぶんぶんゴマ作り(小中学生のみ参加OK)

竹製のぶんぶんゴマを作ってお持ち帰りいただきます。コマにはマジックで自由に彩色できますよ。

Dsc_2902

 

このおまつりは、資料館職員と中央市歴史文化ボランティアの会会員の皆さんで運営します。

当館に収蔵されている郷土資料を実際に触ったり、使い心地を体験したりと、貴重な経験になると思います。

どうぞ、いらしてください。

まゆこ

より以前の記事一覧