フォト
無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 日本刀のお手入れ | トップページ | 地獄温度にお馬さん発見! »

2017年3月14日 (火)

本年度の学校見学は終了

Tomiko

 富子だけんど、今日は夕方から雪か雨が降るって言ってるねぇ。ぬくといから雨かもしれんね。あんまり天気はよくないけんど、今日も大勢来てくれてるよ。学校の子どもたちの見学は3月の初めで終わったけんどね。最近は若い家族連れも多く来てくれるさ。若い人や子どもには初めて見るもんが多くて新鮮な驚きがあるだよね。

Dscn9626jpg2 おぼこさんの世話をする富子

 私んここへ来てっから6年近く立つけんど、だんだんに子どもの様子が変わってきてる気がするさね。例えば、「ぼこ」っていう言葉を知ってる子どもがいなくなったね。展示解説をするときに、山梨県の一大産業だった養蚕のことを話すわけじゃん。ほうすると山梨県の人は、蚕のこんを「おぼこさん」って言って自分の子どものように大事にしたっていう話になるわけさ。ほんだけんど「ぼこ」を知らんと話にならんじゃんね。

 「ぼこ」っていうのは、「子ども」のこんだよ。いい子どものこんは「いいぼこじゃん」って言うし、悪い子どものこんは「よたぼこ」っていうだよって、解説をしなきゃあならんさ。山梨方言を守りたい私としてはさみしいよね。

Dscn9629jpg2 機織り機

 機織り機のところへつれていって、「織り姫・彦星」や「鶴の恩返し」に出てくる機織り機だよっていうと、「あ~ぁ」って納得をするのは、よく昔話を読んだり、聞いたりしてる子だね。中には「うり子姫」にも出てくるよっていう子もいるさ。すごいよね、あんまり「うり子姫」を知ってる子はいんよね。ほんだけんど、「織り姫・彦星」も「鶴の恩返し」も知らん子っていう子も多くなったね。そういう子たちに機織り機の話をしても反応は薄いよね。

 保育園や幼稚園や小学校の低学年のときに、昔話をいっぺえ聞かせてやってもらいてえもんだね。教育勅語を暗唱するよりずっと必要なことだと思うよ。

Dscn9634jpg2 背負子

 あと子どもがよく知ってると思うのは、「二宮金次郎(尊徳)」だね。「背負子(しょいこ)」を見せて、こういうのをしょってる人が学校にいるけ?って聞くと、いないっていう学校もけっこう多いけんど、「二宮金次郎」っだっていうこんは知ってるだよね。どういうことをした人かは知ってる人は少ないと思うけんど。

 二宮金次郎は天明7年(1787)に小田原で生まれて、酒匂川の氾濫で田畑をなくし、叔父の家に預けられたけんど、油がもったいないって夜の勉強をやめさせられただって。だからあんな恰好で本を読んでるだよね。それにもめげず勉強して自分の家と615ヶ村の財政を立て直したすごい人だよ。酒匂川の氾濫は富士山宝永噴火の火山灰泥流でしょっちゅうおきただって。やっとなんとかなったのは100年後っていうから、ひとつの災害が起こるともとに戻るのがいかに大変かがわかるじゃんね。

Dscn9624jpg2 トイレ

 最後にトイレさ。資料館のトイレは築20年だから、和式が主で、洋式はひとつずつってわけ。そうすると最近の子どもにゃあ使えんだよね。男の子はまだしも、女の子の方はけっこうこぼして帰っていく子も多いね。学校でも1年生にはトイレの使い方を教えるだけんど、家で使わんから、難しいやね。そういう子どもたちにゃあ、山で「花摘み」なんてこんは無理ずらね。

« 日本刀のお手入れ | トップページ | 地獄温度にお馬さん発見! »

豊富の富子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1875313/69921349

この記事へのトラックバック一覧です: 本年度の学校見学は終了:

« 日本刀のお手入れ | トップページ | 地獄温度にお馬さん発見! »