フォト
無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 大麦で麦茶を作った | トップページ | 勤務最後の日 »

2017年3月29日 (水)

宮方(ミヤカタ)資料の行方

Photoこんにちは、まゆこです。

Photo_2

当館では所有者の依頼により、2014年平成27年から28年にかけて、石和駅前の工場で蚕糸包装材料一式を製造し、日本全国の製糸会社に販売していた株式会社宮方商店(ミヤカタ)の資料を調査しました。

「蚕糸包装材料一式製造販売 株式会社宮方商店」は大正時代に横浜市中区馬車道で創業し、生糸の包装に係るありとあらゆるものを製造販売していた会社です。

その工場が山梨県笛吹市のJR中央線石和駅前に平成2610月まで操業していました。

 

Photo_3調査資料のうち、日本全国の製糸会社に販売した生糸商標の見本帳2冊については、データ収集し、画像デジタルデータ化、製糸工場別リスト等の作成を行いました。

Photo_6

蚕糸包装材料一式製造販売 株式会社宮方商店商標について」という題で「シルクレポート」2016 NO.48 大日本蚕糸会に発表しています。

全国216か所の製糸工場・総数817枚ものさまざまなデザインの生糸商標が見本帳の中に貼られており、販売年月日の記載もされています。

その生糸商標を含む会社と工場資料は当館ではなく、山梨県立博物館への寄託作業が進んでいます。

Photo_4また、工場内にあった括糸(生糸の綛をまとめて縛るための特殊な木綿糸)を作る機械等は大日本蚕糸会蚕糸科学研究所、蚕糸機械メーカー有限会社ハラダの方々のお力で、山梨を旅立ち群馬県の碓氷製糸乾繭場の一角に設置されました。日本の蚕糸文化を継承するため、たくさんの方々が尽力してくださいました。

Dsc_3445←括糸を作る機械上の写真の反対側からみたところ。

Photo_5←あみそ糸を巻く機械

Dsc_0681

山梨にあった「宮方商店」の資料は販売先であった全国の製糸会社を通じて日本中に残されていると考えられます。

「宮方」もしくは「ミヤカタ」の資料が明らかになることは、全国各地の製糸場を有した地域の郷土研究にも活用される可能性があります。

当館にも宮方資料の一部を寄贈していただきましたので、和紙製の繭貯蔵袋や社名入りの湿温計、ミヤカタ製の括糸等細々としたものですが、2階資料室を中心に展示しております。

日本蚕糸業を山梨から支えた一企業の資料を4月以降もひきつづきご覧いただきたいと思います。

後に、ご父母の残された貴重な資料を快く開示くださり、今後の活用のためご協力くださった株式会社ミヤカタ関係者、御親族の方々に深く感謝いたしております。

まゆこ

« 大麦で麦茶を作った | トップページ | 勤務最後の日 »

まゆこのつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1875313/70084288

この記事へのトラックバック一覧です: 宮方(ミヤカタ)資料の行方:

« 大麦で麦茶を作った | トップページ | 勤務最後の日 »