フォト
無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 道祖神祭り(2) | トップページ | 昭和の包装紙 »

2017年1月18日 (水)

昔の「節分の豆まき」を再現します!

Photoこんにちは、まゆこです。

いよいよ今年もみんなで「鬼も目をぶっ潰すっ!」爽快イベント開催の季節がやってまいりました!!

Mamemaki_242

●事業名 「節分の豆まき~鬼の眼をぶっつぶせ~!」

日時 平成29128日(土)午後1時半と2時半

   129日(午後1時半と2時半 

※当日(全4回)資料館前庭に集合し、豆まきを行います。

※豆まき参加者は入館無料となります。

 ※参加者には、福引きがあります。

場所 中央市大鳥居1619-1(シルクの里公園向かい)

     中央市豊富郷土資料館前庭

問い合わせ ℡055-269-3399

 

Dsc_1492 当館で行う節分の豆まきは、古くから山梨に伝わる節分行事を再現したもので、地域文化の伝承をはかるために行います。

 

いまではほとんど行われなくなった甲州独特の節分は、主として昭和30年代初めころまで、甲府盆地各地で行われた記録が残ります。

Dsc_1498

軒先よりも高い竹竿の先に目駕籠や手すくいを縛り、そこにネズミサシ・ヒノキ、スギなどの枝を刺して庭に立てます。

Dsc_1587

夕方、竹竿の先の目駕籠めがけて、「鬼の眼をぶっつぶせ~!」を唱えながら豆を投げ上げるのです。

本人の気づかない間に、鬼は心の中に住みつくものです。

まゆこは毎年、1年のうちに心にたまった見えない鬼を一気にこのイベントで追い出すべく、全力で豆をかごの目にぶつけようと奮闘しています。

←目駕籠にネズミサシバージョン

参加者の皆さんもぜひまゆこと一緒にレッツエキサイト! 

まゆこ的に年々増加する鬼の多さを実感しており、精神衛生上、必要不可欠なイベントとなっております。

←手すくいにネズミサシ

 

しかも、たくさんの来館者の皆様と一緒に鬼をやっつけられるのですから、なんと心強いことでしょう。

Dsc_3437_2参加者の皆さんと共有できる一体感もこのイベントの魅力の一つなんです。

Dscn8663

今年の鬼たちは、一段と手強そうですわよ!

 みなさま、心を一つにして立ち向かいましょう!

まゆこ

« 道祖神祭り(2) | トップページ | 昭和の包装紙 »

イベント・講座などのお知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1875313/69289655

この記事へのトラックバック一覧です: 昔の「節分の豆まき」を再現します!:

« 道祖神祭り(2) | トップページ | 昭和の包装紙 »