フォト
無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 繭と竹でひな人形を作りましょう! | トップページ | ミニ企画展「縁側の茶器」(2) »

2017年1月29日 (日)

富札があった

Tomiko

 富子だけんど、今日もいい天気だねぇ。しかも春の陽気だよ。本当は一番寒い時期らしいけんどね。今日は資料館で節分のイベントをするから、よかったら来てくりょう。

 せんころ、ひょっとしたこんから、「安政元年の富くじの富札」って書いた封筒の中から富札が見つかったさ。富札4枚と銀札らしい小型の札が2枚いっしょに入っていただけんど、どこで出した富札だかわからなくてね。

Img_9783jpg2_2 4枚の富札

 達筆すぎて番号もよく読めなかったけんど、なんとか頑張ったら、例えば一番左のは二千六百九十五番て読めたさ。

Img_9792jpg2 富札の表(大きい字が番号)

 札の表を見ると「寅十月十三日会」って書いてあるから、寅年に出されたもんだって分かるから、「安政元年」て考えたと思うだよね。ところがよく調べてみると、「本吉町仕法方役所」って言うのは加賀藩の役所で、加賀藩が富札を出したのは慶応2年とか4年なんだって。つまり寅年は慶応2年の寅年のことだったさ。本吉町っていうのは、石川県の白山市美川本吉町のことで、金沢市の近くの日本海側の町だった。右上には「加入銀八匁五分」ってあるから、この富札を買うには、8匁5分払って買うっていうこんだね。今のお金で8500円くらいするようだよ。今の宝くじより高いよね。だから2人で買ったり、4人で買ったりしたらしいさ。

Img_9793jpg2 富札の裏(このくじについての情報)

 裏はどうなってるかっちゅうと、くじの情報が印刷してあるさね。ツルの組とカメの組で合わせて7000枚発行して、最高賞金額は銀11貫目だよとかね。この富札は、赤いツルの判が押してあるからツルの組だね。銀11貫目っていうと1貫目を125万円とすると1375万円になるね。当たりは600枚出て、一番少ない賞金額は8匁5分だから、くじの値段と同じだね。高いくじだったら、最高賞金が1000両っていうから、7500万円にもなったらしいよ。今は1億円とかのくじもあるけんどね。

 そういうこんで天保の改革のとき「突富」っていうのは禁止されただけんど、今の福引きみたいな形の「振籤」に姿を変えて、ずっと続いてたらしいね。

Img_9787jpg2 注意書きの判

表の四角い判には、賞金は札を売ったところで換金するが、札をなくしたり破損したりしたものは、当選していても換金しないと書いてあるよ。

残念ながら山梨県内で興業されたくじじゃあなかったけど、外れたから今に伝わったんだね。県内でも興業はあったようだから、富札があったらみてみたいねぇ。

« 繭と竹でひな人形を作りましょう! | トップページ | ミニ企画展「縁側の茶器」(2) »

豊富の富子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1875313/69412185

この記事へのトラックバック一覧です: 富札があった:

« 繭と竹でひな人形を作りましょう! | トップページ | ミニ企画展「縁側の茶器」(2) »