フォト
無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 秋・フランスの田舎みたいな?古墳を歩いた! | トップページ | 年に一度、虚無僧と普化禅師像に会える »

2016年11月17日 (木)

エゴマの脱穀をした

Tomiko

 富子だけんど、寒くなったねぇ。資料館でも暖房を少しっつ入れ始めたよ。公園は紅葉が盛りだね。

 エゴマを収穫して脱穀したから見とくんなって。

Dscn9017jpg2 葉が落ち始めたエゴマ
 

 エゴマの収穫の目安は葉っぱが落っこち始めたらだって。それまではせっせと栄養を実に蓄えるから、なるべくぎりぎりまで取らんほうがいいだってさ。ほんだけんど遅くなっちもうと今度は実がパラパラ落っこちちもうから、そこが難しいとこだね。

Dscn9003jpg2 エゴマの実

 実の中はどうなってるずらかって、剥いてみたさ。ほうしたらあのちっくいガクのような中に3粒とか4粒の実が入ってるさ。なんちゅうちっくいだか。写真もちっくすぎてうまく撮れなんださ。

Dscn9029jpg2 穂だけ摘み取って乾燥

 葉っぱをくっつけて刈ると後が面倒そうだから、手間はかかるけんど、穂だけ切って乾かしたさ。ほうしたら、乾かしてるうちに実がポロポロ落ちてきて、ブルーシートの上にこぼれてきたさ。いいじゃんね。自分で脱穀してくれたよ。

Dscn9032jpg2 実がポロポロ自分で落ちた

 元々エゴマは手間がかからん植物だよね。独特のにおいがあるから、シカやイノシシやサルがよってこんし、野育ちの強さがあるから化学肥料に頼らん栽培ができるし、土も選ばんし、やせてる土地でも半日陰でもいいだって。ホントにえらい作物だよね。

 このごろよくスーパーでもエゴマの実も油も見かけるようになったけんど、今まであんまり知られてなかったから「シソ油」っていう名前で売られたりしただよね。こんなすごい植物だっちゅうにかわいそんなこんだよ。

Dscn9132jpg2 プランターで穫れたエゴマ

 外国から遺伝子組み換えの菜種を買うよりエゴマをみんなで作りたいよね。上の写真はどプランターで穫れたエゴマの実だよ。畑の方が実はでっかくなったね。プランターは葉っぱが立派だったから、葉っぱを食うにゃあいいかもしれんね。さてこれで「荏のぼた餅」でも作ってみるかな。

« 秋・フランスの田舎みたいな?古墳を歩いた! | トップページ | 年に一度、虚無僧と普化禅師像に会える »

豊富の富子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1875313/68463235

この記事へのトラックバック一覧です: エゴマの脱穀をした:

« 秋・フランスの田舎みたいな?古墳を歩いた! | トップページ | 年に一度、虚無僧と普化禅師像に会える »