フォト
無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 蚕糸関係資料を大量にご寄贈いただく | トップページ | おめでとう。郷土学習コンクール大賞受賞! »

2016年11月 5日 (土)

コンニャクを掘ったよ

Tomiko

 富子だけんど、今日はいい天気だね。3日の中央市ふるさと祭りもいい天気で良かったよう。その日はヴァンフォーレも残留が決まってめでたい日だったね。ちょうど資料館には新潟の人が来てくれていて、名古屋出身の職員もいたりで、3つとも残留争いのチームだっただよね。甲府と新潟が残って名古屋は落ちちゃったけんさ。1位を争うくれえになりてえもんじゃんね。

 せんころコンニャクを掘ったさ。いよいよ葉っぱが黄色くなってきたからね。

Dscn9041jpg2 プランターのコンニャク

 コンニャクを農作物として栽培して常食してるのは日本くれえのもんだってよ。この頃外国でもパスタの代用品として人気があるらしいけんね。要するにダイエット食品だね。あんまり食い過ぎると具合が悪くなるから気をつけた方がいいよ。米粒のかっこうをしていて米に混ぜてたくっていう手もあるらしいね。

Dscn9054jpg2 掘るというより抜く?

 日本にゃあ仏教と一緒に6世紀の半ば頃、薬っちゅうこんで伝わってきたっていう話があるけんど、よくは分からんらしいね。「砂払い」っていって、整腸剤だって。庶民が食うようになったのは江戸時代で、水戸藩の専売品だっただって。

Dscn9056jpg2 まわりの土をとった

 粉にしてとっとけるようになってから、1年中食えるようになっただって。コンニャク糊っていうもんもあっただってよ。今もお茶を作るときに使ったり、建築用の塗料に使ったりしてるらしいさ。小千谷縮の糸の加工にも必要だったし、紙衣(かみこ)っていう紙で作った着物にはコンニャク糊を塗って、強くしたり防水したりしただって。コンニャクもなかなかやるもんじゃんね。

Dscn9060jpg2 洗うと芋がよく見える

 芋のところを洗ってみたら、にょきにょき子芋がくっついてるさ。これは生子(きご)っていって、来年の春これを植えるっちゅうと秋に1年玉になって、それをまた次の春植えると秋に2年玉になって、それをまた次の春植えると秋に3年玉になって、ようやっとコンニャクを作るにちょうどいいでかさになるさね。気の長い話ずら?昔は畑の「くろ」(まわりのすみっこ)に植えてたから、長くかかっても気に病むことはなかったずらね。

« 蚕糸関係資料を大量にご寄贈いただく | トップページ | おめでとう。郷土学習コンクール大賞受賞! »

豊富の富子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1875313/68265184

この記事へのトラックバック一覧です: コンニャクを掘ったよ:

« 蚕糸関係資料を大量にご寄贈いただく | トップページ | おめでとう。郷土学習コンクール大賞受賞! »