フォト
無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 蚕の種がやってくる(昭和30年頃) | トップページ | 初秋蚕(錦秋×鐘和)の収繭と虎蚕の玉繭作り »

2016年8月25日 (木)

小豆ぼうとうを作った

Tomiko

 富子だけんど、台風がまたUターンして日本をねらってるじゃんね。困ったもんどう。あっちこっちで冠水して、畑や田んぼも、収穫できんていってるじゃんね。ただでさえ国産の農作物は貴重品だっちゅうに。

 今日は小豆の続きを書くね。ダイズは漢名の「大豆」からきてるのはすぐわかるじゃんねぇ。アズキは漢字じゃあ「小豆」って書くけんどダイズと同じように読めば、ショウズじゃん。つまり、アズキは大和言葉(和名)なんだね。文字で書くようになるより前に言葉があっただね。言葉があったっていうことは、アズキそのものもあっただね。

Img_9397jpg2 地粉をぬるま湯でねる

 小豆をきれいにしたから、今日は小豆ぼうとうを作ってみたさ。小豆を煮て、ほうとうを短めに作ってその中に入れて煮るだけだから、簡単だけんどね。時間はかかるね。アズキを水につけてひやかしたり、ゆでこぼしてあくをとったりね。

Img_9398jpg2 のし棒でのす

 汁粉には餅が入ってるもんだとばっかり思ってたから、ちっくい頃、小豆ぼうとうっちゅうもんがあるって知って、ショックだったね。なんでうどんを甘い汁で食うずらって。うどんは醤油か味噌でなきゃあって。

Img_9401jpg2 包丁で切る

 小豆ぼうとうは「汁粉ぼうとう」って呼ぶ人もいたね。山梨ばっかじゃなくて、長野とか埼玉でも作るらしいよ。赤は邪気を払うハレの日の食べ物で、おごっそうだったってわけ。味噌で煮るほうとうは平常食だけんどね。山梨の若神子じゃあ「ドンドン火祭り」ていう7月30日のお祭りで収穫を祝って神さんにお供えするだね。ほかのとこじゃあいつが小豆ぼうとうのシーズンかちょっとわからんけんど、県外じゃあ、七夕やお盆のおごっそうっていうところもあるらしいさ。

Img_9404jpg2 できあがり

 アズキは、ビタミンCを含んでいて抗酸化作用があるだって、疲労回復・肩こり・筋肉痛にも効果があるし、高血圧や高脂血症の予防にもなるだって。すごいじゃんね。昔の人の知恵っていうのは、何百年っていう実験の結果だからだね。

« 蚕の種がやってくる(昭和30年頃) | トップページ | 初秋蚕(錦秋×鐘和)の収繭と虎蚕の玉繭作り »

豊富の富子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1875313/67175048

この記事へのトラックバック一覧です: 小豆ぼうとうを作った:

« 蚕の種がやってくる(昭和30年頃) | トップページ | 初秋蚕(錦秋×鐘和)の収繭と虎蚕の玉繭作り »