フォト
無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 初めて見た蛾 | トップページ | 蚕が3齢眠になりました »

2016年6月 2日 (木)

大麦の脱穀

Tomiko

 富子だけんど、昨日の夜はえらく風が吹いたじゃんね。おぼこ(お蚕)はもらったときと比べると長さは2倍くらいになったよ。やっと手でつまめるようになったから、数を数えてみたら、800頭いたさ。さすがに1000頭はいなかったけんど、けっこう多いね。

 せんだっては大麦の脱穀をしたさ。実の部分がまとまって取れちもうとやっかいだなあと思っていたけんど、案ずるより産むが易しだね。しんぺえ(心配)するこたあなかったさ。

Img_9212jpg2 ブルーシートの上で叩く

 横槌を使って、麦の穂のとこをトントン叩けば、実だけがポロポロ落ちてくるさ。叩いてるうちに芒(のぎ)も実からは離れていっちもうし、楽なもんだ。

Img_9218jpg2 こんなに実が落ちてきた

 一番心配だったのが芒だったけんど、芒はエビの髭(ひげ)みたいに太くて長いけんど、実の上からポキッと取れて落ちちもうさ。しかも叩いているうちにポキポキ折れて短くなっちゃってね。

Img_9219jpg2_2 脱穀が済んだ大麦

 風を送ってゴミを飛ばしたら、こんねにきれいになったさ。大麦の脱穀はうんと大変だったっていう話を聞いてたから、どうしっかと思っていたけんど、これじゃあいいわ。まだ試しにちっとやってみただけだけんど、違うやりかたも試してみたいじゃんね。

 麦は弥生時代に日本に入ってきて、粒のまんま食うのがその頃のやり方だからね。粉にするようになったのは、鎌倉時代頃っからで、それまでは小麦より大麦をたいへん作ってとうっちゅうからね。昔の人ができたことだから、なんとか精麦までやってみてえと思ってるだけんど。どうなるこんだか。弥生時代の人に教えてもれえてえもんだよね。

« 初めて見た蛾 | トップページ | 蚕が3齢眠になりました »

豊富の富子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1875313/65804062

この記事へのトラックバック一覧です: 大麦の脱穀:

« 初めて見た蛾 | トップページ | 蚕が3齢眠になりました »