フォト
無料ブログはココログ

にほんブログ村

« ブログアクセス数が10万件を超えました | トップページ | 油菜のつぼみが出た »

2016年3月13日 (日)

「ひとりね」の話(1)

 

Tomiko

富子だけんど、明日はまた雨だか雪だか降るどうっちゅうじゃんね。なんだかこのごろホントに天気がぱっとしんねぇ。

 今、古文書の教室で「ひとりね」っちゅう江戸時代の随想を読んでるさ。書いた人はだれかっちゅうと、柳沢淇園っちゅうだよね。知らんさね、そんな人。わたしもいっさら知らなんださ。柳沢吉保は知ってるらもの。その柳沢吉保の筆頭家老の次男坊さ。吉保は江戸での仕事ん忙しくていっさら甲斐国へ来れんから、この筆頭家老が全部甲斐の国のことは任されただよね。そのくれえ信頼されてたから本当の名字は「曽根」っていうだけんど「柳沢」をなのっていいこんになってたっちゅうわけ。

Img025jpg2_2  「ひとりね」下巻の表紙

 これは国立国会図書館の「ひとりね」っちゅう本の表紙さ。これを書いたのが24歳のときだっちゅうからすごいもんさ。ちっくいころからエリート教育をうけて、博学で多芸多才、武芸百般にも通じてたっちゅうから、ほらすごいじゃん。学問はあたりめえで、詩・書画・篆刻・煎茶・琴・笛・三味線・医術・仏教とか、剣術・槍術・弓術・馬術とか何でもかんでもできちもうだって。レオナルドダビンチのような人じゃんね。

Img026jpg2_2

 そんなかに甲斐国の地誌とか、甲州弁のこととかも書いてあるだよね。淇園ののお母さんの言ったこんも書いてあってさ、「余が母などは甲斐に住ぬる時、常に猿などに物いふようにおそろしく覚えて居しとかや」だって。山梨県人が聞いたら怒るよね。山梨に住んでる時は、ずっと猿と話をしてるようで恐ろしかったっちゅうだから。まあ、「甲斐の山猿」ってよく言 われてることは確かだけんどね。

 本人もこう言ってるさ。「甲斐の国は珍しき辞をつかふ所也」「かわりし言葉共有。咮啼(しゅちょう)にちかし」って。山梨じゃあめずらしい言葉を使うよ。まるっきり鳥の鳴き声みたいで何を言ってるかわからんよってね。

そういうこんでこれっから、この人ん調べとう甲州弁について調べてみるから、読んどくんなって。

« ブログアクセス数が10万件を超えました | トップページ | 油菜のつぼみが出た »

豊富の富子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1875313/64435319

この記事へのトラックバック一覧です: 「ひとりね」の話(1):

« ブログアクセス数が10万件を超えました | トップページ | 油菜のつぼみが出た »