フォト
無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 「繭雛」と「あい竹雛」を作ろう! | トップページ | 第8回「県政トークGO TO 知事が行く」が開催されました »

2016年2月 9日 (火)

そのとき狸は何してた?(たぬきの糸車貸出セット)

Photoこんにちは、まゆこです。

Dsc_5872
小学1年生の国語の教科書に「たぬきの糸車」というおはなしがでてきます。

罠にかかったところを助けてくれたおかみさんに恩返しするため、たぬきが冬の間に「キーカラカラ、キークルクル」と糸車をまわして糸を紡いでいたというおはなしです。

ちょうど3学期に、一年生の皆さんがこの「たぬきの糸車」をお勉強するようで、当館には、いま、市内外から一年生担当の先生方が糸車を借りにいらっしゃいます。

Dsc_0190

糸車の実物があれば、たぬきが糸車をどのように「キーカラカラ、キークルクル」と回していたのかがわかります。

そして、授業で先生が、どんな風に糸が作られていくのかを本物の糸車を使ってやってみせることもできます。作品への理解がさらに深まりそうですね。

Dsc_0004

 当館では、職員数の関係で、糸車の実演や解説を学校に出向いて行うこと(出前授業)はお受けしていませんが、

たぬきの糸車貸出セット(民具資料の糸車と紬糸・子供たちが実際に動かせる体験用ミニ糸車・綿に種が入った状態の木綿・すぐ糸が紡げる状態にした木綿・初心者でも紡ぎやすい化繊の綿・木綿栽培の解説と写真)をご用意しています。

(その他、当館には綿の実から種を取り出す道具(実繰り器)もありますが、館内での解説のみに対応しています。)

Photo_2 ←子供たちが実際に使用できる体験用ミニ糸車は、当館館長特製です。

Dsc_3346 ←糸車貸出セットに入っているもの(すぐ糸が紡げる状態にした木綿・まだ綿の種が入った状態の木綿・初心者でも紡ぎやすい化繊の綿・先人が糸車で作った紬糸)

Dsc_1545 ←安心してください!先生方には、糸車で綿から糸を紡ぐという作業を職員がレクチャーいたします。教室で子供たちの前で実際に先生がやってみせると、とても反応がいいようです。

 糸車を音読大会の小道具としてお使いになる場合もあるようですが、

Dsc_3347資料館では、綿から糸を紡ぐということ、また、その綿が植物や蚕の繭からつくられたものだということも、発展理解してもらえたらいいなと思っています。

←当館で栽培した綿の実

 中央市にある豊富郷土資料館には、子供たちの探求心をくすぐる実物資料がまだまだたくさんあります。県内の先生方には、ぜひ授業に役立てていただきたいと思います。

授業で使用するための写真撮影もOKですので、お気軽にご相談ください。

まゆこ

« 「繭雛」と「あい竹雛」を作ろう! | トップページ | 第8回「県政トークGO TO 知事が行く」が開催されました »

資料館ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1875313/63872604

この記事へのトラックバック一覧です: そのとき狸は何してた?(たぬきの糸車貸出セット):

« 「繭雛」と「あい竹雛」を作ろう! | トップページ | 第8回「県政トークGO TO 知事が行く」が開催されました »