フォト
無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 諏訪神社の歳旦祭 | トップページ | せっせと真綿をつくるのは »

2016年1月 6日 (水)

そばがきを作ってみた

Tomiko

 富子だけんど、今日はくもっててちっと寒いよね。ほれにしても、今年はぬくといね。今日来たお客さんが、暮れのうちに梅の花が咲いて、へえ散っちもうって言ってたさ。冬あんまりぬくといと、畑の虫が死がん(死なない)で困るだよね。
 みんなんは年越しソバは食ったけぇ?ソバは体にいいだってねえ。タンパク質、ミネラル、食物繊維が豊富で、ルチンていう血管を強くするものも入ってるだって。ルチンは酸化防止作用もあるから、老化防止にも役立つだよね。すごいじゃんね。

Dscn8507jpg2 出来上がったそばがき

 ソバは縄文時代から作られてるだって。その頃はどうやって食ってたずらかね。「そば米」っていうのが一番原始的な形らしいから、それを煮て食ってとうずらか。「そば米」が縄文時代でも作れたじゃあ、私んとうにも作れると思うよね。

 「そばがき」は鎌倉時代ごろっから、石うすが使われ出すようになって始まった料理だって。江戸時代中ごろになるっちゅうと、今でいう「そば」が庶民に広がってきただって。薄く平らにのして、細く切ってゆでてそばつゆで食う、「そば切り」っていう料理だね。「そば切り」の発祥地っていうとこはいくつかあって、甲州市の天目山栖雲寺も発祥地って言ってるね。米の作れんとこだからね。ソバはすごいよ。栄養がなくても育つし、でかくなるのも早いからね。

Dscn8213 天目山栖雲寺の石碑

 そばがきは子どもでも作れるから、昔のおやつの定番だって。「椀がき」っていうのは、そば粉に熱湯をかけて混ぜればOK。「鍋がき」っていうのは、そば粉と水を鍋に入れて、加熱しながら練ればOK。醤油かそばつゆで食うだよね。

Dscn8505jpg2 鍋でそば粉を練る

 私んちっくいころは、お父ちゃんが鍋で作ってくれて、茶碗にわけて醤油をつけて食ってたさ。薬味なんちゅう洒落たもんはなかったね。

Dscn8508jpg2 つぶつぶしてるけどよく粘る

 今回は鍋で作ってわさびを薬味にして、醤油で食ったさ。いいにおいがしたよ。粘りがあって、粉のときにゃあ目立たなかった黒っぽい殻が見えてくるね。粗挽きだからね。いかにも石うすで挽いて作ったそばがきっちゅう感じで、うまかったよ。簡単だから、スーパーで売ってるそば粉でもいいから作ってみちゃあね。

« 諏訪神社の歳旦祭 | トップページ | せっせと真綿をつくるのは »

豊富の富子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1875313/63336881

この記事へのトラックバック一覧です: そばがきを作ってみた:

« 諏訪神社の歳旦祭 | トップページ | せっせと真綿をつくるのは »