フォト
無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 歴史文化講演会「サル年を迎えて」 | トップページ | 名人に教わる凧作り »

2015年12月 8日 (火)

資料館で正月準備♪

Photoこんにちは、まゆこです。

Dsc_3099

 さる126日に正月飾り・凧作り教室を行いました。

 昔ながらに手作りの品でお正月準備をしようと、今年もたくさんのご家族が参加してくれました。

 材料の稲わらはすべて中央市産です。

わらの青色を残すため、刈ってからすぐに倉庫に入れて陰干ししました。

 また、たわわに実のついた穂を、飾りにたっぷり使用するため、玉穂地区の農家さんに特別にお願いして分けていただいています

 この講座で作ることのできるしめ飾りは長さ70センチほどもある大きなものです。

Dsc_3082まずは「輪締め」をつくるため、「縄をなう」作業をはじめた参加者。

Dsc_3086自由自在に稲わらを扱うこの方は、講師の田中正八さん。前館長で、豊富地区の生き字引でもあります。NHKさんが取材に来てくれました。
Dsc_3089輪締めに脱穀していない稲穂を組み合わせて、この地域独特の立派お飾りが完成に近づきます。

最後に甲府の問屋さんで購入したおかめやエビなど6種類のお飾りも付けて豪華に仕上げます。

Dsc_3095参加者全員、こんなに立派なお飾りができましたよ!

 「縄をなう」なんて技術は、現代人にとって日常では必要のないものです。でも、この技術を習得すると、藁でもっといろいろ作りたくなるから不思議です。

 素材となる稲わらは、一本一本は柔らかくて、しなしなで、頼り無いですけど、端から手で順にねじってまとめていくと、いつの間にかすごく力強い造形に生まれ変わっていくんです。昔の人が稲わらでありとあらゆる生活道具や信仰具を創作していった過程を、追体験しているような気持ちになります。

わらの匂いも清々しくて、神聖なものを自分の手で作りだせる喜びのようなものも、感じられます。

資料館ではクリスマスはやりませんが、お正月準備と小正月に関しては気合が入ってますからね♪

 凧作りの教室の様子は次回お伝えします!

まゆこ

« 歴史文化講演会「サル年を迎えて」 | トップページ | 名人に教わる凧作り »

イベント・講座などのお知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1875313/62877502

この記事へのトラックバック一覧です: 資料館で正月準備♪:

« 歴史文化講演会「サル年を迎えて」 | トップページ | 名人に教わる凧作り »