フォト
無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 宮方商店が作った和紙繭貯蔵袋 | トップページ | H27「秋まつり」のご案内 »

2015年10月 5日 (月)

中央市極楽寺地区の秋祭り

旧玉穂地区の極楽寺で、3日の夜に祭りが行われることを、山梨新報の記者さんから聞いて、さっそく夕方に行ってみました。祭りは伊勢神社と村守(イモリ)社の祭りを合わせたもので、村中の人々が公民館に集まって盛大に飲食をとるとのこと・・・

Pa031331

Pa031321

Pa031315

極楽寺地区に伊勢社があるとは知らないでいましたので、夕方に玉穂ケアセンターの裏に行くと、川のそば、畑の真ん中にぽつんと白い小さな建物がありました。川沿いの道を入って、建物の正面に出ると、「御伊勢大神」の提灯が2つ下げられており、祠が2基ありました。写真を撮っていると、山梨新報さんが来て2人で観察しましたが、供物は6時半ごろ役員さんが備えるということでした。

Pa031324

村中に行くと浄光寺前の石祠2基にしめ縄が張られ、やはり「村守祭」と記された提灯が二つ下げられています。これがイモリ明神だそうです。このイモリ明神は、市内では見ることができないし、県内でも類例はないのではないでしょうか?村の長老方に伺うと、その由来ははっきりしないようですが、伊勢社の方は江戸後期に伊勢参りをした極楽寺の松村只七という人物の道中記があるので、江戸時代からの伊勢講の講社だったと思われます。イモリ社は今後由来を調べる必要があるかもしれませんね。

Pa031333

Pa031334

Pa031338

Pa031340

さて、地域の祭りは、文化祭も兼ねていました。彫刻や絵画、絵手紙、書、手芸などが公民館に並べられています。知りのテントでは焼きそばが造られていました。新しい公民館には広間いっぱいに宴会の準備がおこなわれ、食べ物や飲み物が並べられています。大宴会の様子を前にして、私も空腹になり、のども乾いたので引き上げることにしました。この後どんな祭りになったのでしょうか、きっと、大盛会だったのでしょうね

« 宮方商店が作った和紙繭貯蔵袋 | トップページ | H27「秋まつり」のご案内 »

資料館ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1875313/61914268

この記事へのトラックバック一覧です: 中央市極楽寺地区の秋祭り:

« 宮方商店が作った和紙繭貯蔵袋 | トップページ | H27「秋まつり」のご案内 »