フォト
無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 蚕影山大神の移転2 | トップページ | 立川飛行機製造所を探る »

2015年8月15日 (土)

サトクダマキモドキとキリギリス

Tomiko

 富子だけんど、うちのほうじゃあ、昨日と今日夜中に雨ん降ったから、生きもんも息ょうふきっけえしたと思うね。サツマイモん一番喜んでるじゃあねえかな。昨日の与一公まつりはやってる最中は降られんで、終わってっから降ったからよかっとうじゃんね。

 資料館は山にくっついてるからいろんな虫がへえって来るさね。本当は資料館にゃあ虫はいちゃあいけんもんだけんど、しょうがねえよね。

Dscn7793jpg2 玄関に来たキリギリス

 最近はバッタの仲間が来るようになってね。子どもまつりの日にやけにでかい声で「ギーッチョン」ってうるさく鳴く虫がいると思ったら、キリギリスだったさ。

 『アリとキリギリス』で有名な虫だけんど、実際ちゃんとお目にかかったのは初めてで、最初は何の虫かよくわからなかったさ。絵本の挿絵にあるキリギリスのイメージとはちごうじゃんね。羽も短けえから幼虫かと思ったら、ヒガシキリギリスは羽が短けえだって。ヒガシキリギリスとニシキリギリスの2種類があるなんてこともはじめて知ったしね。ヒガシキリギリスは青森から岡山あたりまで棲んでいて、ニシキリギリスは近畿地方から九州にかけて棲んでるだって。

Dscn7796jpg2 目が大きくあごもするどい

 でっかい産卵管があるからメスだね。鳴き声もうるさいくらいでかいけんど、昔っから観賞用に飼われているだって。雑食性だっていうからなんでも食うだね。どう猛っちゅうこんだね。だから脚にもとげとげがいっぺえ生えてるだね。

P8131206jpg2 遠くから見たら絶対わからない

 葉っぱにとまってるとどこにいるだかわからんようの虫だけんど、ひょいと見つけたさ。サトクダマキモドキっていうだって。里にいるクツワムシに似ている虫っていう意味でついた名前だって。平地の森の木のてっぺんのほうに棲んでるし、ほとんど鳴かんし、鳴いてもちっくい声しか出さんからめったに見られん虫だって。

P8131208jpg2 キリギリスに比べたらひ弱そう

 顔もおもしれえじゃんね。キリギリスみてえに目がでっかくねえし、口もおちょぼ口だよ。ツユムシの仲間じゃあ大型のほうで、ふだんはじっとしてるけんど飛ぶのはうまいだって。どおりで写真を撮ってる間いっさら動かなかっとうわけだわ。オスもメスも鳴くっていうとこもめずらしいね。
 

 こういう虫が目を楽しませてくれたり、物知りにさせてくれたりするから、虫がへえってくるのもまんざらじゃあねえってことさね。

« 蚕影山大神の移転2 | トップページ | 立川飛行機製造所を探る »

豊富の富子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1875313/61181188

この記事へのトラックバック一覧です: サトクダマキモドキとキリギリス:

« 蚕影山大神の移転2 | トップページ | 立川飛行機製造所を探る »