フォト
無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 館長の蚕への愛情(H27春蚕編) | トップページ | 夏休みの小中学生が入館無料になるクイズ »

2015年7月14日 (火)

7月の道祖神祭り

Tomiko

 えらく暑い日ん続いて困るじゃんね。外で仕事なんかをしっかと思ったら、頭んくらくらしちもうよ。畑じゃあどんどん草んおいてるに、どうすりゃあいいだか、困りもんどう。

 7月14日は夏の道祖神祭りの日じゃんね。私の育っとうところじゃあ、そういうこんは全然してなかったから、夏にも道祖神祭りがあるっちゅうこんを知らなんだけんどさ。中央市じゃあ、どこもあっただよね。

Dscn76642 一丁畑西の道祖神(白いしめ飾り)

 6月の終わりっころ通勤の道でふと見たら、しめ縄がにいしい(新しい)のに変わっていることに気が付いたさ。それで気をつけて見たら、その近所の道祖神もしめ飾りが新しくなってるさね。こりゃああっちこっち廻って見なきゃあだめだわと思ってたら、土砂降りの雨が何日も続いたじゃん。やっと7月4日になって見て廻っとうけんど、しめ飾りは雨でぼろぼろだし、引きちぎれて飛んじゃってるし、情けねえ姿になっちまってたさ。まあそれでもと思って写真に撮って来たから、見ておくんなって。来年は飾ったらすぐに撮りに行きてえじゃんね。

Dscn76652 一丁畑南の道祖神

 玉穂・田富・豊富の町誌や村誌を見てみるっちゅうと、どこでも夏の道祖神をやったって書いてあるさね。『玉穂町誌』が一番詳しいから、ちっと写してみるじゃんね。

 「玉穂では7月10日頃もう一度どんど焼きをする。これは麦わら(むいから)で造った小屋を燃やして、田んぼにつく蛾や虫を集め焼き殺す『虫寄せ』で、東北地方の『もぐら打ち』と似た行事である。『夏まっぱらを病まんように』とおなかを出して、おへそのまわりを、お注連を巻いた縄でこすった。

 1月も7月も村へ悪霊が入らないようにと、東西南北の村境に御神体(人形・ひとがた)を立てた。

 戦後、単車の事故が多く、交通安全を願って一時復活したこともあったが、燃やすものがなくなって取りやめになった。」

だってさ。

Dscn76682 一丁畑西の道祖神(上に葡萄がなっていた)

 今じゃあどんど焼きはやらんけんど、ちゃんとしめ飾りはにいしいのに変えて、ちゃんとお祭りはしてるっちゅうこんだよね。麦を作らなくなっちゃったから、ムイカラなんかねえから、燃やせんさね。

 それで気が付いたこんがあるだけんど、1月のしめ飾りはどこも白一色だったに、7月はカラフルだったっちゅうこんさ。残念ながら、色付きの和紙が簡単にゃあ手に入らんから、どこも折り紙で作ってあったけんどね。

Dscn76712 下三条の道祖神(しめ飾りは雨風で飛ばされて)

 1月のしめ飾りは厳かに白で、7月のしめ飾りは賑やかにカラーでっちゅうこんかな。七夕の影響もあるかもしれんね。

Dscn76732 下河東の道祖神(キラキラの紙)

 カラフルなだけじゃあなくて、キラキラした紙も使ってるさ。おもしろいじゃんね。来年はもうちっと心がけてちゃんと調べてみてえもんじゃんね。

« 館長の蚕への愛情(H27春蚕編) | トップページ | 夏休みの小中学生が入館無料になるクイズ »

豊富の富子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1875313/60738757

この記事へのトラックバック一覧です: 7月の道祖神祭り:

« 館長の蚕への愛情(H27春蚕編) | トップページ | 夏休みの小中学生が入館無料になるクイズ »