フォト
無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 続・夏の道祖神祭り | トップページ | 夏まつりとおかいこ »

2015年7月30日 (木)

甲州小梅(1)

Tomiko

 富子だけんど、口を開けば「暑いね」ちゅう言葉しか出てこんじゃんね。こういう日の弁当にゃあ梅干しは欠かせんから、今年は久しぶりに梅を漬けてみとうさ。

 山梨じゃあ梅干しっていえば、小梅のこんだよね。小学校の頃の弁当にゃあみんなちっくい梅干しんへえってとう(入っていた)もんさ。

Dscn75052 5月終わり頃の甲州小梅

 梅は中国が原産て言われてるし、紀元前の昔っから梅を薬にしてただって。北魏っていう国の『斉民要術』っていう本にゃあ、梅の栽培法とか、梅干しとか、梅酢の作り方が載ってるらしいさ。日本にゃあ奈良時代頃に、漢方薬っちゅうこんで梅の燻製が伝わっただって。

Dscn75032_2 洗って漬ける準備をした

 平安時代の『医心方』っていう医学の本にも梅干しの作り方載っていて、鎌倉時代になるっちゅうと、禅宗のお坊さんは梅干しを茶菓子にしてただって。鎌倉時代のお侍さんにゃあ、クラゲ・アワビ・梅干しがおごっそうだったっちゅうからおもしれえじゃんね。

 戦国時代にゃあ梅干丸っちゅうもんを作って、戦の兵糧にしとうだって。中身は梅肉と米粉と氷砂糖の粉末だってよ。うまいもんずらか。食ってみてえもんじゃんね。

 江戸時代になるっちゅうと庶民も梅干しを食うようになって、梅干しに熱湯をついで飲んで「福茶」っていうようにもなっただって。

Dscn75042_2 塩分少なめで漬けてみた

 江戸時代の山梨県の地誌の『甲斐国志』っちゅう本にゃあ、梅のこんが産物で出てくるけんが、梅の花を観賞するだけで、あんまし梅干しとかは作らなかったらしいよ。なぜかっちゅうと梅干しをつくるにゃあ塩がいるけんど、山梨じゃあ塩があんまし手に入らなかったからだって。塩が手にへえらん(入らない)ちゅうのが本当かどうかは、知らんよ。富士川舟運で静岡から運ばれてきて、「鰍沢」は塩の別名だったくれえだからね。鰍沢からは馬に乗せて長野県へ運んどうだから。
 山梨で梅干しん盛んに作られるようになるのは、中央線が開通した明治36年以降だって。太平洋戦争の時にゃあ、軍の調達に応えて栽培量が増えただって。戦国時代とおんなしだねえ。

 長くなっちゃったから、なんで甲州小梅っていうかは、次に書くじゃんね。

« 続・夏の道祖神祭り | トップページ | 夏まつりとおかいこ »

豊富の富子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1875313/60957535

この記事へのトラックバック一覧です: 甲州小梅(1):

« 続・夏の道祖神祭り | トップページ | 夏まつりとおかいこ »