フォト
無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 愛媛から来たおかいこさん | トップページ | 生糸商標も注文販売していた石和駅前の「宮方商店」 »

2015年5月29日 (金)

「黄白(おうはく)」と「春嶺×鐘月(しゅんれいしょうげつ)」

Photo

こんにちは、まゆこです。

Dsc_1947 蚕座の左に「黄白」右に「春嶺鐘月」がいます。

Dsc_1945←「41日目の黄白」:網をかけ、その上に刻んだ桑葉を散らしたところ、どんどん網の目をくぐりぬけて桑の葉を食べに上ってきました。カワイイです♪ 

昨日、山梨県蚕糸協会の養蚕文化継承事業で届けていただいた愛媛蚕種製造の蚕は、「黄白(おうはく)」という品種でした。

 この蚕は少し変わっていて、メスが黄色、オスが白いまゆをつくる蚕です。

 

 人工的に突然変異を起こさせて品種改良したもので、実験用によく用いられる品種です。

当館では初めての飼育なんです。

 

そして、昨日にひきつづき、本日も蚕が届きました!

Dsc_1942
今日の朝届いた蚕は、山梨県富士川町の稚蚕業者で2齢眠まで育てられた「春嶺×鐘月(しゅんれいしょうげつ)」です。

 この春嶺鐘月という蚕は、日本の養蚕農家が春蚕期に最も多く飼育する、春の気候に適した実用蚕品種です。

 まっ白な繭をつくり、白い生糸(絹糸)をつくることができます。

山梨県富士河口湖町・茅葺集落「西湖いやしの里根場」さんのご厚意により、わけていただきました。

 

「黄白」の方が、一週間ほど先行して成長していきますが、これから、この2種類の蚕を比べながら飼育してくのが楽しみです。

まゆこ

« 愛媛から来たおかいこさん | トップページ | 生糸商標も注文販売していた石和駅前の「宮方商店」 »

まゆこのつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1875313/60178287

この記事へのトラックバック一覧です: 「黄白(おうはく)」と「春嶺×鐘月(しゅんれいしょうげつ)」:

« 愛媛から来たおかいこさん | トップページ | 生糸商標も注文販売していた石和駅前の「宮方商店」 »