フォト
無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 新緑が目にまぶしい桑園にもう文義さんの姿はなく | トップページ | オトシブミ »

2015年5月10日 (日)

ミニ企画展「生糸に付された小さな芸術」

 

Photo

こんにちは、まゆこです。

 平成27年第1回ミニ企画展「生糸に付された小さな芸術」をエントランスホールにて開催いたします。

104_2

生糸に付された小さな芸術

~ 富岡製糸場だけじゃない! 

かつて山梨にもたくさんの製糸場がありました ~

当館所蔵の昭和時代に収集された生糸商標ラベルのいろいろなデザインをご覧いただき、かつて山梨の経済を支えた生糸産業・製糸場の歴史をたどりたいと思います。

●会期は、 2015523日(土) ~ 720日(月)です。

600_3

展示資料としては、

国内生糸商標95点(うち、山梨県製糸工場生糸商標26点 長野県製糸工場生糸商標40点 その他国内製糸工場生糸商標29点 )

生糸の括1点 括造器1点 生糸の綛1点 繰糸鍋1点 座繰り器1点 油単(繭袋)1点 その他解説パネル数点 (昭和33年山梨県製糸場分布図(130カ所)、山梨県製糸場数の変遷グラフ等)を予定しています。

Kyoeisilk622

展示内容として、

・生糸商標とは?

・製糸場の生糸商標を印刷していた山梨の「宮方商店」

・生糸商標デザインいろいろ

・生糸はどのように出荷されたか?

・山梨の製糸の歴史を振り返る

等の項目でお伝えしたいと考えています。

616

●関連事業もがんばります!(入館料は必要ですが、申込み不要・参加費無料。)

・「春蚕の飼育展示」平成27年5月29()6月中旬(予定)

(桑の葉をモリモリ食べて成長する蚕と触れ合うことができます。)

 

                   ・「繭から糸を繰り出そう!」6月6・7日(土・日)10時~11時・14時~15

器械製糸以前に行われていた座繰り器を使っての繰糸体験ができます。)

 

・「製糸場にあった『繭倉』の匂いを想像してみよう!」ミニ企画展会期中随時

 (当館飼育蚕の繭を貯蔵用に乾燥させた乾繭の匂いを嗅ぐことができます。昭和30年代の時代の香りの一つ、「繭倉」の匂いを想像してみてください!)

 

 今回のミニ企画展は、「観て、触って、匂いを嗅いで、体験する」関連事業と併せて皆様にお楽しみいただけたらうれしいなぁと考えて、現在、富子さんとちょっと焦り気味ですが、ワクワクしながら準備しています♪ 

 関連事業の詳細など今後随時アップしていく予定ですので、よろしくお願いします!

 

まゆこ

« 新緑が目にまぶしい桑園にもう文義さんの姿はなく | トップページ | オトシブミ »

企画展・ミニ企画展」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1875313/59943518

この記事へのトラックバック一覧です: ミニ企画展「生糸に付された小さな芸術」:

« 新緑が目にまぶしい桑園にもう文義さんの姿はなく | トップページ | オトシブミ »