フォト
無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 安産まつりに妊婦さん初日からぞくぞく来館! | トップページ | ミニ企画展「鏡」 (3) »

2015年4月25日 (土)

端午の節句飾り

Tomiko

 富子だけんど、昨日はやたら暑かったじゃんね。まったくなにょう着ていいだか、困っちもうよう。今日は曇りっぴで、また天気が悪くなるずらか。 

 うちでも孫が生まれたから、お節句の飾りをしてみとうさ。こいのぼりも、五月人形もうちの弟のうちのもんをもらったから、年代もんだよ。そうはいってもまだ20何年しかたっちゃあいんけんどね。それでも今のもんとはえらくちごう(違う)よ。

Dscn73192 20年以上前に購入した鯉のぼり

 この頃ほんとに鯉のぼりも幟旗も見んじゃんね。昔はどこのうちでも屋根より高くあげたもんどうけんど、今は3mくれえのベランダ用の鯉のぼりをあげるから、外からじゃあわからんじゃんね。せんだって市川三郷町で、幟旗と鯉のぼりがセットで立ってるのを久しぶりで見たさ。幟にはちゃんと家紋が二つへえって(入って)たよ。

 鯉のぼりも幟旗も、男の子の誕生を知らせて、神さんに来てもろう依り代として高くあげるだっちゅうよ。神さんに、ここに子どもがいるから、早く来て守ってくりょうって。

 江戸時代、武家の家では幟旗をたてて、立身出世や武運長久を願っただって。それに対抗して、庶民の家じゃあ五色の吹き流しを飾るようになっただって。それがだんだん鯉のぼりに変わっていくだね。ほうして竿の上にも矢車がくっつくようになって、どんどん流行が変わって行くだよね。

Dscn72812 武者人形のいる五月飾り(20年以上前に購入)

 矢車がつくめえは(前は)何んついてたずらかと思ったら、どうも丸く編んだ駕籠がついてたらしいだよね。20何年めえの(前の)五月人形にもついてるし、善光寺の御開帳に行ったら五色の吹き流しがいっぺえ立ってて、それにも丸い駕籠がついてたさ。江戸時代の終わり頃に「駕籠玉」って呼んではやり始めたらしいよ。しかも金色に塗って、派手にしただって。確かに五月人形の駕籠も金色に塗ってあるね。今矢車と一緒にくるくる回ってる球は、そのなごりだって。

Dscn73452 金色の駕籠玉(資料館の五月飾り)

Dscn73282 善光寺の吹き流しの駕籠玉

 矢車ん流行りだしたのは、昭和30年ころかららしいよ。駕籠玉のめえ(前)は何んついてたずらと思ったら、榊や杉なんかの枝を結びっつけて鯉をあげてただって。

 少子化だし、鯉のぼりをあげるにゃあ場所もいるし、金もかかるし、なかなかえらいこんだけんど、あげてやれば子どもも、親も、じいちゃんばあちゃんもうれしいよね。鯉のぼりんあがってるのを見ると、まわりの人も元気になる気んするよね。

Dscn73462 昭和52年購入の五月飾り

« 安産まつりに妊婦さん初日からぞくぞく来館! | トップページ | ミニ企画展「鏡」 (3) »

豊富の富子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1875313/59768926

この記事へのトラックバック一覧です: 端午の節句飾り:

« 安産まつりに妊婦さん初日からぞくぞく来館! | トップページ | ミニ企画展「鏡」 (3) »