フォト
無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 大鳥居千本桜開花情報4+シカの話 | トップページ | 中央市ふれあい福祉歩け歩け大会が豊富地区で開催 »

2015年4月 7日 (火)

「浅利与一公 安産まつり」のご案内

Photoこんにちは、まゆこです。H27097  このたび、浅利与一公の子供の誕生にまつわる「産守玉(安産石)」の、ご利益を分かつことを目的としたおまつりを開催いたします。

期間:平成274月24・25・26日(金・土・日)午前9時~午後4時半

 ①母子健康手帳持参の方は無料入館できます。 

 ②母子健康手帳持参の妊婦さんは、「産守玉(安産石)」を触っていただき、安産をお願いできます。 

  ③安産祈願をした妊婦さんには、大鳥居の山之神社で祈願した繭をつかった御守りを差し上げます(先着順で限定50個)。

Dsc_1721 ←妊婦さんに差し上げる御守り

Dscn6408「産守玉(安産石)」

おまつり当日は、エントランス中央に「産守玉(安産石)」を展示し、母子健康手帳提示の妊婦さんに「産守玉(安産石)」に触れていただく予定です 一般入館者で家族の安産祈願を願う方も触れることができます。

※多くの方が触れるので、「産守玉(安産石)」に触れる前には手を消毒していただきます。 

 

※展示は特殊なアクリルケースで囲い、1か所の穴から手を入れて触れることができます。

099_2←中央市広報「ちゅうおう」平成27年4月号に特集されています。市HPからも見ることが出来ますよ!

『今から850年前の424日、浅利与一公が源平合戦において、その強弓で活躍していた時、敵の石弓から放たれた石弾が、与一公の乗った舷側を突き破った。

戦の後、この石を持ち帰ると、不思議なことにちょうどその時に与一公の妻が玉のような子を産んだことが分かった。

以来、この石を「産守玉」と呼び、安産の守り石として近隣近在の人々にも貸し出され、大切にされたという』

 

Dsc_1724

富子さんが製作した御守りは、健やかな成長を願う竹に入れられ、魔除けの真綿を入れたガーゼのおクルミに包んであります。

赤ちゃんの顔は繭を使い、長い糸がとれることから長生きの願いを込めています。

なお、繭と真綿は当館で育てた蚕のものですよ!

 

常設展示室ガラスケース内に大切に展示されており、いつもは触れることのできない「産守玉(安産石)」ですが、郷土に伝承されてきたエピソードにちなんで、是非この機会にそのご利益を皆で分かち合えると良いと思います♪ 

 

まゆこ

 

« 大鳥居千本桜開花情報4+シカの話 | トップページ | 中央市ふれあい福祉歩け歩け大会が豊富地区で開催 »

イベント・講座などのお知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1875313/59555399

この記事へのトラックバック一覧です: 「浅利与一公 安産まつり」のご案内:

« 大鳥居千本桜開花情報4+シカの話 | トップページ | 中央市ふれあい福祉歩け歩け大会が豊富地区で開催 »