フォト
無料ブログはココログ

にほんブログ村

« また降ったじゃんね | トップページ | 縄綯機を使ってみました »

2015年2月11日 (水)

角真綿をつくっておく

Photoこんにちは、まゆこです。

Dsc_1529 繭68個分でつくった角真綿

Dsc_1528 

 毎年2月は山梨県中の小学校から3年生「むかしのくらし」の授業の一環で、たくさんの子供たちが来館してくれます。

 1時間半程度の解説をクラスごとに職員一人がついて担当しますが、うれしいことに2月は連日その学校見学の予約でいっぱいです♪ 

2階の養蚕に関する解説では、繭を出荷する他に、各家でどのように生糸や角真綿にして普段の生活に利用していたかも説明しています。

 中でも角真綿をのばして布団を作る作業は、昔の子供のお手伝いの定番であったと地元のおばあさんに聞いたので、最近では子供たちに実際に角真綿を引き延ばすところをみてもらうようにしています。

 ですから、角真綿は見学学校のクラス数分くらいをつくっておきたいなぁと思いまして・・・。もちろん、当館で育てた蚕のつくった繭が材料ですよ♪ 

 

 前の晩から重石をのせて水に漬けておいた繭を水1リットルにつき重曹4グラムを入れて1時間程弱火でゆっくり煮ました。

Dsc_0708煮上がった繭をきれいな水でよくすすいだところ。

 

 

Dsc_0717繭層のいちばん薄くなっているところを探して破き、繭を裏返すようにして中に入っているさなぎと抜け殻を取り除きます。

 

Dsc_0720水の中である程度延ばしたら、木枠に四隅を掛けて成形します。

 

Dsc_0736繭4個分を重ねて木枠にかけたら折り畳むようにして外します。

Dsc_0747またよく水ですすいだら、よく水を絞って乾かします。

Dsc_1534小学生に引き延ばしてもらった真綿を今度は紡錘車で紬糸にしてみようかなと考えています。

Dsc_1543以前に、糸車で撚りをかけた紬糸を富子さんに布に織ってもらったもの。

こんどは紡錘車でつくった糸と違いを比べてみたいと思います。

 

まゆこ

« また降ったじゃんね | トップページ | 縄綯機を使ってみました »

まゆこのつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1875313/58899218

この記事へのトラックバック一覧です: 角真綿をつくっておく:

« また降ったじゃんね | トップページ | 縄綯機を使ってみました »