フォト
無料ブログはココログ

にほんブログ村

« ミニ企画展「温まる・しのぐ」(3) | トップページ | 繭びな・竹びなつくり大盛況でした »

2015年2月27日 (金)

横沢びなはみそっかすじゃない!

Photoこんにちは、まゆこです。

 平成2746日(日)まで開催の当館ひな人形展最大の売りは、そのバリエーションが多彩なことです。

 江戸時代から昭和に至るまでの時代的変遷、お大尽の座敷に飾られていた豪華な雛もあれば、庶民が田圃道でつづらを担いだ人形売りから購入した質素なつくりの在地雛もありますし、形体や材料にも、様々な違いを持つお人形に出会えます。

 展示総点数255体のうちには、享保雛・古今雛・横沢びな・有職雛・押絵雛・土雛・市松人形・御所人形などがあり、御殿飾りや雛道具も多数あります。

Dsc_1509
 しかし、やはり何と言ってもいま一番人気の雛は、「横沢びな」です。

 この質素なつくりの山梨の在地雛を目当てにご来館くださるお客様が、最近特に増えています。

 当館で横沢びなを紹介していることを新聞報道などでご覧になり、「自分の家のお蔵に眠っている、一部が紙で作られているボロボロの人形は「横沢びな」なのか?確かめるために来ました」という方や、当館に飾られている横沢びなの前で、ご自宅にあるお人形を携帯電話で撮影した画像をみせてくださりながら、「私の家にあるのも、これと同じ横沢びなですよね?」と質問される方もいらっしゃいます。

 そして、ご自分のお人形の素性がはっきりすると、うれしそうに「大事にします!」と、どの方もおっしゃられます。

 お客様の家の蔵にとり残されているボロ人形が、その持ち主の心の中で宝物に変身した瞬間を見られて、まゆこはとても幸せです。

 当館「ひな人形展」で展示している横沢びなたちも、一見、いまにも壊れそうでやっと立っているように見える、紙でできたみすぼらしいお人形ですが、地元山梨の雛文化を知り、その歴史を纏うと、とても力強く踏ん張って立っているように見えてくるから不思議ですね。

 その他にも、「あ~、そうそう、昔はこんなような目がクリクリした、こんなお人形さんがたくさんあっただよねぇ。思い出したよ~」としみじみお話してくださるおばあ様もいらっしゃいました。

 

そして昨日は、資料館すぐそばにお住まいの長田さんのお宅から、保管されていた木箱の中に紙のお人形があるという連絡をいただき、見せてもらいに行ってきました。

(以下、写真5点は中央市豊富地区・長田家の横沢びなです)

Dsc_1584 お宅に伺うと、座敷に昭和3年生まれのおばあちゃまの初節句に合わせて購入されたという御殿びなの前に、なんと13体もの横沢びなが並べられていました。

 なんて愛らしくて楽しそうなお人形たちなのでしょう!!

「キャー!カワイイ~♪」Dsc_1573保存状態がとてもよく、お顔にお化粧された頬紅がまだよく残っており、文献に残る横沢びなの記述に『冷たい北風の吹く冬の日、頬っぺたを真っ赤にした娘さんを「横沢びなのようだ・・・」と笑った』とあるのを今まで実感できなかったまゆこは、もう大感激!Dsc_1574手の動きが表情豊かで特徴的な横沢びなが13体も一同に並ぶと、とっても楽しそうで、まるでダンスパーティーしているみたいなの!

Dsc_1575雛壇のツンとすました他のお人形に比べて、おめめも丸くて大きくて、お口からはいまにも笑い声が聞こえてきそう♪

Dsc_1578 背面は紙製であるのも特徴の一つ。

 テンションMAXで大騒ぎしている失礼なまゆこに、「こんなに喜んでくれてうれしいよう」「これから毎年、箱から出して大事に飾りますね」「長い間箱に入ったきりだったけど、出してみれば、こ~んなにかわいい顔してるじゃん!」「宝物は遠くに探しにいかんでも、自分の身の周りの所で見つけ出すもんなんだねぇ」「よかったよぉ~、捨てなんで。大事な宝物だったのに、気づかなくてずっと捨てようと思っちゃってたんだから困るよう」などとしみじみ長田家の方々とお話しました。

Dsc_0163 

←こちらは、当館展示の横沢びな

 ところで、甲府雛問屋で明治大正期に多く製作された横沢びなに関して、唯一詳しく記述している「やまなしの民俗(上巻)昭和47年」の著者、上野晴朗氏はこの雛のことを「みそっかす」とか「泣きべそをかいているような風情」とか「頬っぺたを赤くぬられた奇妙な人形」とか「安物」などと散々な描きようでした。

 しかし、実物資料を目の前にしての現在のまゆこの感想は全く違うものです。

もちろん、他の雛に比べて材質や作りなどは質素かもしれませんが、横沢びなは「明るく楽しそうな表情に、今にも歌いだしそう、踊りだしそうな動きのある独特のポージングをした愛嬌ある山梨の在地雛」だということです。

 ともあれ、上野晴朗大先生がこの雛のことを、明治の終わりに製作にたずさわった老女に取材して詳しく書き留めてくださっていたからこそ、まゆこは当館の横沢びなたちの実態に迫ることができました。

 ですから、「横沢びなはみそっかすのように寂しい存在である」という書き出しの文章に、かえって上野先生のこの雛に対する深い愛情を読み取ることができるのも事実です。

 先生も、山梨の農村に暮らす庶民たちと同じように、横沢びなに強い魅力を感じていたのだと、まゆこは思います。

 

まゆこ

 

« ミニ企画展「温まる・しのぐ」(3) | トップページ | 繭びな・竹びなつくり大盛況でした »

まゆこのつぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1875313/59070078

この記事へのトラックバック一覧です: 横沢びなはみそっかすじゃない!:

« ミニ企画展「温まる・しのぐ」(3) | トップページ | 繭びな・竹びなつくり大盛況でした »