フォト
無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 春蚕上蔟(はるごじょうぞく) | トップページ | 中込さんの上族作業②(回転蔟への振り込み) »

2014年6月14日 (土)

中込さんの上蔟作業①(条払い)

こんにちは、まゆこです。

 平成26611日(水)午前8時から、中込家の春蚕上蔟作業がはじまりました。

 この日は中込さん一人では無理なので、二人のお手伝いを頼み午前中のうちに作業を終わらせてしまいます。

 約9万粒の蚕種からふ化した蚕は、どのくらいの数が5齢上蔟まで無事に育ったのでしょうか?

 最終的に中込家では66個の飼育かごに分かれて入っています。お蚕を回転蔟にたける(甲州弁で付ける?のせる?という意味)作業はまず、二人のお手伝いさんが飼育カゴごとに蚕を取りだして集めることからはじまりました。この作業のことを条払(じょうばら)いといいます。条払いの時期はひきた蚕(熟蚕じゅくさん)が全体の30%程度発生した時を見計らって行うそうです。

Photo_5条払い機に桑枝ごと蚕を乗せる。

上蔟用の蚕網ごと飼育かごから取り出し、条払い機(じょうばらいき)の台に網をひっくり返して、蚕がくっついている桑枝をのせます。

Photo_4

 電動スイッチをオンにすると、網目になっている台が上下にけっこう激しく揺すられて、蚕のみ下に落ちる仕組みになっているのです。

 ひきた蚕を一頭一頭、手で拾って蔟に移していた時代から考えたらすごいことですね。 

Photo_3 

 一カゴずつ枝から落とされ、集められた蚕は中込さんが一輪車で回転蔟の置いてある場所まで運んでいきます。

Photo_2そして消毒と乾燥の為に蚕たちに石灰をふりかけました。

 さあ次はどのような手法で、回転蔟に蚕たちをたけるのでしょうか? この作業には、旧豊富村内でも各家で微妙にやり方に違いがあるらしく、まゆこのいままでの聞き取り調査でも様々でした。実際に中込家で行っている方法どのようなものか、つづきは次の記事で詳しくお伝えします!

Dsc_036726613日昼、資料館の蚕の営巣状況

 

 資料館のお蚕さんたちは、もうほとんどが繭をつくりました。もう真っ白で中にいる蚕の姿が見えなくなってしまったものが半数以上です。

 が、まだ本日(H26614日朝現在)、まだ5粒のまゆがスケルトンでご覧になれます!!

  

 しかも、本日と明日(H26614()15日(日))は企画展「中央市の災害」の開催に合わせ、展示解説日としてどなた様も入館無料なのです!

  

 みんな~、道の駅とよとみで行われているとうもろこしの祭典「スウィートコーン収穫祭2014」とあわせて、山梨県の中央市豊富郷土資料館にきてね~♪

 

Photoまゆこ

 

« 春蚕上蔟(はるごじょうぞく) | トップページ | 中込さんの上族作業②(回転蔟への振り込み) »

中央市の養蚕家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1875313/56493696

この記事へのトラックバック一覧です: 中込さんの上蔟作業①(条払い):

« 春蚕上蔟(はるごじょうぞく) | トップページ | 中込さんの上族作業②(回転蔟への振り込み) »