フォト
無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 風呂の話(2) | トップページ | 山梨の養蚕習俗「ならびだんす」 »

2014年5月29日 (木)

ミニ企画展『竹』展示品より(その1)

 ミニ企画展『竹』で展示しているものや、展示しきれないけれど見てほしいものを少し紹介したいと思います。

 まず最初は、割籠(わりご)です。最初はおしゃれなカバンだと思ってみていたのですが、なんだろうと思ってあちこち調べていくと、割籠だということがわかりました。つまり弁当箱です。割籠という名前からすると竹製でいいと思いますが、木製のものも多かったようで、用途によって使い分けていたようです。

 

Dscn54462 長辺が28cm、短辺が19cmの割籠

 この割籠は外側を細い竹ひごを網代編みにして作っています。色のついた竹を使うことで模様を織りだしているところがとてもしゃれています。

Dscn54472_2 内側も網代編みで二重になっている

 内側も網代編みですが、外側より幅の広い竹ひごを使っています。二重にすることで強度を出したものと思われます。この割籠には入っていませんでしたが、本来はこの中に仕切りが入っていてそれで食品を分けていたそうです。

Dscn54482 取っ手や鍵などの金具もおしゃれ

Dscn54522 長辺が18cm、短辺が12cmの割籠

 こちらの割籠は上の割籠の半分くらいの大きさで、外側は籠編み、内側は網代編みです。取っ手のついているところも上の割籠とは異なります。今でも充分通用するデザインですので、こんなランチボックスでピクニックにおでかけできたらいいですね。

« 風呂の話(2) | トップページ | 山梨の養蚕習俗「ならびだんす」 »

企画展・ミニ企画展」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1875313/56345118

この記事へのトラックバック一覧です: ミニ企画展『竹』展示品より(その1):

« 風呂の話(2) | トップページ | 山梨の養蚕習俗「ならびだんす」 »