フォト
無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 教えてください これは何? | トップページ | 大鳥居地区の水神祭り準備 »

2014年3月23日 (日)

お湯立祭(ゆたてまつり)

 こんにちは、まゆこです。

  3月21日(祝)午後2時より、山梨県中央市豊富地区大鳥居の諏訪神社において、お湯立祭が行われました。

 Dsc_0257 Dsc_0269

  毎年地域の恒例行事として、3月21日の春分の日に子供たちの無病息災を祈願しているそうです。また、昨年の祭礼後に生まれた新氏子を歓迎する懇親の会も兼ねており、今年は4人の赤ちゃんたちが主役でした。

 Dsc_0229 祭典に使われる湯掻棒(ゆかきぼう)と湯笹(ゆざさ)、神前のお供えは、鏡餅・洗米・酒・水・果物・繭最中・海の幸(鯛または生サバ)・山の幸(大根など)・豆餅・赤飯・塩を今年の当番である中村地区が用意しました。

 Dsc_0235 Dsc_0249 まず、新氏子である赤ちゃんたちが勢ぞろいで社殿内での式典に参加し、玉串(たまぐし)を奉奠(ほうてん)。

 

Dsc_0261

Dsc_0268_2 その後儀式は屋外へと移り、宮司が湯掻棒で数回湯を掻き廻した後、湯に浸した笹を左右に振ってしぶきを飛ばし、氏子たちの頭に振りかけます。

 Dsc_0280 Dsc_0264

無事に祭礼が終了すると、新氏子歓迎の宴が開かれました。

  Dsc_0285 大鳥居地区5組260戸を守る諏訪神社の神様に、子どもたちの健やかな成長を祈願する地域の人々が和やかに賑やかに集って、古式ゆかしく、しみじみとした春のお祭りがひっそりと行われていました。

派手ではないけれども、中央市内にまだまだこんな素敵なお祭りを大事に伝えている地域があることに、とても感動したまゆこです。

 

Photo まゆこ

« 教えてください これは何? | トップページ | 大鳥居地区の水神祭り準備 »

資料館ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1875313/55483707

この記事へのトラックバック一覧です: お湯立祭(ゆたてまつり):

« 教えてください これは何? | トップページ | 大鳥居地区の水神祭り準備 »