フォト
無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 桟俵をつくってみました。 | トップページ | 紙びな作り »

2014年2月27日 (木)

水上天神社祭り(中央市大鳥居)

Img_0078 

平成26225日 中央市大鳥居の水上天神祭(午後5時~5時半頃)

水上姓の4軒が集まり、天神祭をおこなった。拝礼の後、御神酒を頂き、当番の家で用意した赤飯や菓子、惣菜などを頂いて歓談した。道真の誕生日と命日が25日であることから、25日に行われるようになったという。

天神の石祠は江戸時代(寛政5年1793)のもので、かつては9軒の家で持ち回りで当番を行い、石祠のお参りした後、天神の絵像などを掲げた当番の家で飲食を行った。戦後の頃の祭には、子供がたくさん御供物(おぶっく)をもらいにきたという。また、天神講一同で大阪北区Img_0085_2 の天満宮に毎年参詣した時期もあった。

各地の天神社は平安時代の貴族、菅原道真を祀る神社として有名であるが、天神とは地神に対する天の神の総称で、特定の神をさすものでなかったが、菅原道真の没後、火雷天神と呼ばれたことから、天神信仰と菅原道真の信仰が結びつき、学問の神様とも言われるようになった。

大鳥居の水上には2ヵ所の天神社が祀られているが、雷神==水という農耕神との結びつきが考えられよう。

こうした行事が、営々と続けられている姿は、とても貴重で、いつまでも後世に残したい風景である。

Img_0086

« 桟俵をつくってみました。 | トップページ | 紙びな作り »

資料館ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1875313/55144900

この記事へのトラックバック一覧です: 水上天神社祭り(中央市大鳥居):

« 桟俵をつくってみました。 | トップページ | 紙びな作り »