フォト
無料ブログはココログ

にほんブログ村

« ワタの話(7) | トップページ | 渡辺回転蔟製作所がなくなりました。 »

2013年10月27日 (日)

大輿神社の秋祭り

Img_0056

中央市今福の大輿神社は、その由来は定かではありませんが、田富町誌には祭神は守屋大臣とされています。『甲斐国志』には明神宮を配祀し、今福氏の鎮守とあります。今福一族の祭神を祀った神社が地域の神社として発展してきたのでしょう。
Img_0072

10月27日(日)の午後は、この神社の秋祭りです。少女による「浦安の舞」と「川除け神輿」が行われるというので、取材に行きました。

Img_0079

浦安の舞は、地域の小学6年生の少女が4名で巫女姿で舞を舞います。「浦」とは「心」の古語で、人々の心が平安になるように舞う舞のことです。つまり地域の平安を祈る巫女神楽の一つです。

緋袴に冠をつけ、金色の扇から鉾鈴に持ち替えて優雅に踊る姿は、地域の人たちの心を和ませるに十分です。

Img_0109

舞が終わると、いよいよ神輿の出番です、境内を子供神輿蛾練り歩き、続いて大人神輿が出て、地域を練り歩きます。子供の元気な声が、台風一過の青空に響きます。最初は釜無川土手に近い「めぐり木の祠」に向かいます。田んぼの中に2本の杉の巨木が立ち、いかにも神聖な場所です。これから3か所の地区公民館を巡って大輿神社に戻ってくるそうですが、各休憩所ではお酒やお菓子がふるまわれ、大賑わいだそうです。

毎年、4月と10月に行われる祭りですが、神輿は秋だけだそうです。浦安の舞がとてもよかったので、来年の春もぜひ見たいものです。

« ワタの話(7) | トップページ | 渡辺回転蔟製作所がなくなりました。 »

資料館ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1875313/53739262

この記事へのトラックバック一覧です: 大輿神社の秋祭り:

« ワタの話(7) | トップページ | 渡辺回転蔟製作所がなくなりました。 »