フォト
無料ブログはココログ

にほんブログ村

« ワタの話(1) | トップページ | ミニ企画展 「ガラス ~その用と美~」 始まる »

2013年7月18日 (木)

大福寺の観音祭典

Dscn0199昨日の仕事も終わり、資料館を出てちらりと外を見ると、大福寺の観音堂前に大きなのぼりが立てられていました。あれ、朝はなかったのに、と思いバイクを近づけてみると、数人の方とお寺の住職さんが作業をしています。何か行事があるのですか?と尋ねると、「今日17日は観音祭典があり、夕方6時半から、御堂でDscn0224護摩を焚く」とのことです。
先般は夏の道祖神まつりを調査せずに帰ってしまったので、今日はビールの誘惑を断ち切り、祭典に参加させていただくことにしました。
住職のごあいさつの後、観音菩薩様の功徳のお話、般若心経の読経、真言の呪文などを唱えながらいよいよ護摩を焚きます。堂内には8名の檀家役員の方が参Dscn0242列し,荘厳な儀式の進行に浸っていました。
前立正観音様も今日は一段と穏やかで崇高なお顔に見え、祭典をじっと優しく見守っています。
最後は、参加者が護摩の火や煙を体に受け、無病息災を祈願しました。当然私も最後に参加させていただきました。
祭典が終わって外に出ると、辺りは真っ暗です。昨日は偶然とはいえ、こんな貴重な祭典に参加させていただき、また、写真を撮影させていただき感謝感謝です。12月31日の大晦日には除夜の鐘を撞き、元旦になると新年の多幸や安全を祈願した護摩焚き行事があるそうです。何とか参加したいものです。






« ワタの話(1) | トップページ | ミニ企画展 「ガラス ~その用と美~」 始まる »

資料館ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1875313/52498151

この記事へのトラックバック一覧です: 大福寺の観音祭典:

« ワタの話(1) | トップページ | ミニ企画展 「ガラス ~その用と美~」 始まる »