フォト
無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 七夕人形 | トップページ | ジェット洗濯器の取扱い説明書 »

2013年7月 5日 (金)

企画展「中央市・山と富士山」よりー富士講行衣ー

Img_0009 資料館の収蔵庫に富士講の行衣がありました。寄贈者氏名から中央市高部の住人のものと想定されます。高部の塚田さんからは、富士講の経典「お伝え」も寄贈されており、この地域は富士講が盛んだったようです。
写真にあるように、中央の背中には三国第一山」の文字ノ下に三猿が描かれ、右袖には三尊と「富士山神霊」と書かれた印刷、左袖には富士山の絵が、版木で摺られています。襟首のところには『頂上の印』が押されており、そのほか「富士山御門」「鈴原」「御御岳」などの朱印がみられます。
この行衣を来た富士講信者は、山頂まで登り御鉢めぐりもしたのでしょうか?きっと山頂まで行って、印を押してもらい、晴れ晴れとした気持ちで、故郷に帰りついたことでしょう。

Img_0013_2 Img_0010

« 七夕人形 | トップページ | ジェット洗濯器の取扱い説明書 »

資料館ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1875313/52320629

この記事へのトラックバック一覧です: 企画展「中央市・山と富士山」よりー富士講行衣ー:

« 七夕人形 | トップページ | ジェット洗濯器の取扱い説明書 »