フォト
無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 養蚕の道具、回転蔟製造過程の解明 | トップページ | おかいこさんの羽化と産卵 »

2013年6月30日 (日)

第2回企画展「中央市・山と富士山」

Tomiko 富子だけんど元気だったけ?


 富士山が世界遺産になっただってね。すごいじゃんけ。資料館でも、6月29日から9月23日まで「中央市・山と富士山」ていう企画展をやるだよ。

 今じゃあ山の名前も必要ねえから忘れちゃってるけんど、むかしゃあみんな名前がついてただよね。山で木を切ってこねえきゃあ家も建たんし、橋も作れんし、道具も作れんしね。薪や炭がなけりゃあ飯も煮えん。落ち葉や草を取ってこねえきゃあ畑の肥やしに困る。山があるから水もあるっちゅうわけさ。山がなければ暮らしていけなんどうだよ。

 ほんだから、山の神様を祀ることは大事だったさね。展示の最初に「中央市の山への信仰」を紹介してるから見ておくんなって。

Dscn33601 弓建峰の馬頭観音

 その次には「山の道具」「狩猟」と題して、山の恵みをもらうための道具なんかが飾ってあるさ。わたしもちっくい頃に材木を切り出すところを見たことがあるけんどすごいもんだよ。カンでつながれた材木が山道をすべり台を滑るように降りてくるだよね。けっこうスピードもあるだけんど、道がカーブしているとこにゃあトビを構えた人がいて、タイミングを合わせて向きを変えるだよね。子ども心にたいしたもんだと思ったね。

Dscn33971 山の道具

 最後は「中央市の富士講」を取り上げて展示してあるけんど、飾ってある「行衣」も「御伝え」も古いもんずらね。

Dscn33981 富士講の「行衣」と「御伝え」

 7月20日の午後1時半から、「中央市の山と信仰」という演題で、青柳陽一さんの講演もあるから、ぜひ来ておくんなって。

 

« 養蚕の道具、回転蔟製造過程の解明 | トップページ | おかいこさんの羽化と産卵 »

企画展・ミニ企画展」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1875313/52240170

この記事へのトラックバック一覧です: 第2回企画展「中央市・山と富士山」:

« 養蚕の道具、回転蔟製造過程の解明 | トップページ | おかいこさんの羽化と産卵 »