フォト
無料ブログはココログ

にほんブログ村

« まゆの中のおかいこさん | トップページ | まゆの毛羽取り »

2013年6月22日 (土)

弓建嶺に案内看板設置

Img_0156_3 永い間の懸案となっていた、弓建嶺への案内看板を中央市歴史文化ボランティアの会で行いました。看板は12枚で、山ノ神神社・千本桜登山道入り口から、大鳥居林道を登って、途中のゲート脇から山道に入ります。山道は20分ほどで石祠につきます。この間に10枚ほど案内看板を設置しましたので、多くの方が浅利与一伝承の地を訪れてほしいと思います。
与一の伝承とは、遠出をした与一がこの地にいたり、はるか眼下の一町畑を眺めると、シラサギが田んぼでついばんでいるの発見し、強弓で射たところ、見事に当たりました。ところが、その地を訪れるとそれは白い着物を着たタニシ採りの老婆でした。与一は憐れんで石の祠を立て、姥神としてまつったとのことです。弓建嶺と一町畑の直線距離は約4キロです。この伝承の地に江戸時代の人が建てた石祠には、竹の弓と祭祀用の矢が置かれていました。
また、この地 Img_0151_2 で、芦川の土豪と矢文で交信したという伝えもあります。
看板設置で、一般の人が由来を想いながら参拝していただけたらうれしいものです。

Img_0127

« まゆの中のおかいこさん | トップページ | まゆの毛羽取り »

資料館ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1875313/52137700

この記事へのトラックバック一覧です: 弓建嶺に案内看板設置:

« まゆの中のおかいこさん | トップページ | まゆの毛羽取り »