フォト
無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 「おかいこさん」と♪「ナラビダンス」♪ | トップページ | ジェット洗濯器の全貌が解明されました »

2013年5月31日 (金)

山ノ神林道よりの展望

Img_0154_2 中央市の南の御坂山地に、林道が建設されています。三俣尾山の周りを巡り、山ノ神社の南を通って、中央市の最高地点である「たいら山ー茶屋平(932m)」まで建設が続けられて います。山ノ神社までは今までは下から歩いて1時間ほどですので、足の悪い方は、下で遥拝して済ませるしかなかったのですが、今度は、林道から下って5分の時間で、神社につくことができます。まだ、完成してはいないので、一般の車両が入ることはできないようですが、昨日神社と道路状況を調査に行き、写真を撮ってきましたので、紹介します。
左の写真は南アルプスの遠景です。櫛形山の右に北岳が、左上には千枚岳・赤石岳などが見えます。右下には甲府盆地、さらに右側には八ヶ岳が一望できます。中央市の展望台といってよいでしょう。
写真左下には、林道と山ノ神社の分岐が見えます。この分岐を下ると約5分で神社につくのですが、路は砂利道で相当急です。
次の写真は、山ノ神社の正面です。平成6年に大鳥居の人々により新しくなった鳥居と石祠です。周囲には4月16・17日のお祭りで御札を売る社務所があります。

Img_0137 祭礼の日は大鳥居の当番の集落では、役員の方々が泊まり込みで籠ります。お籠り堂はこの社より少し北側に下った場所にあります。4月中旬とはいえ、まだまだ寒く、おなかの中から温める液体が、相当必要だそうです。
17日には参詣に来た人々に甘酒などがふるまわれるそうです。あれ?豚汁だったでしたか?どちらにしても、皆さん元気になるそうです。また、参詣者は地元だけでなく、甲府盆地は言うまでもなく、関東地方からもたくさんの方がおいでになります、ちょうど山ノ神千本桜の満開とぶつかる年は、大変なにぎわいです。生業や養蚕の神として厚い信仰があります。

Img_0142 石の祠の裏には、鉄の剣や宝剣、鳥居などが置かれていました。山岳信仰にみられる祭祀が行われていたことがわかります。神社の南側の地名には、精進日向という場所もあり、平場があります。修験の場所のにおいがプンプンする場所です。

今度は少し時間をかけて、周囲を歩いてみたいと思います。

« 「おかいこさん」と♪「ナラビダンス」♪ | トップページ | ジェット洗濯器の全貌が解明されました »

資料館ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1875313/51850462

この記事へのトラックバック一覧です: 山ノ神林道よりの展望:

« 「おかいこさん」と♪「ナラビダンス」♪ | トップページ | ジェット洗濯器の全貌が解明されました »