フォト
無料ブログはココログ

にほんブログ村

« 中央市南の弓建嶺に石弓が建てられましたよ | トップページ | 日下部小学校3年生来館 »

2013年5月16日 (木)

球形手回し洗濯機

こんにちは、まゆこです。

Img_0069

豊富郷土資料館常設展の水にまつわる道具コーナーに、鈍色に輝くふしぎな球体が展示されています。

残念ながら蓋がないのですが、ご覧になって記憶されている方もいらっしゃるでしょう!?

Img_0070

この球体の洗濯機は、昭和32年(1957年)以降に発売され、日本全国で一時期大量に出回ったものの、昭和30年代末には売り上げがしぼみ、わずか10年足らずで姿を消した、まぼろしの洗濯機です。その独特な宇宙未来的な形は、冷戦時代のソ連が世界初の人工衛星(スプートニク)の打ち上げに成功したことに、影響を受けたためだといいます。昭和三十年代マニア(?)の方々には「スプートニク型」と呼ぶ人もいるとか。

使い方は、「球体に乾いたままの洗濯物を詰め込み、洗剤を溶かした熱湯(80度)を注ぎ込む。急に熱湯が布の芯まで浸透するので洗剤がよく効く。ゴムパッキン付きの蓋をコック回転で締め上げて器体を密閉する。残留空気が熱湯で膨張して球体内は高圧化する。20秒ほどハンドルで回転させる。気圧が高まる。コックを廻してふたを開けると急な減圧でポンと音を発するのでポン洗濯機とも呼ばれた。濯ぎは湯を入れ替えて蓋をして回転、を繰り返す。湯量は洗濯物を浸すだけの分量なので節水になり、洗剤も少なくて済む」(『水の道具誌』山口昌伴 岩波新書 2006 より)

最初に発売したのは、群馬県高崎市の林製作所。カモメホーム洗濯器という名でした。

ただ水と洗剤で撹拌する洗濯とは違う、この膨張圧力方式洗浄法なる原理はイギリス・ドイツ・アメリカでも特許を取得しています。(現在でも、この原理をもとにつくられた手回し洗濯機は、独り暮らし・アウトドアなどで重宝だということで、製造販売されています)器体の底に刻印があるとのこと。

さて、豊富郷土資料館に展示されている球形洗濯機は、これと同じものなのでしょうか?高まる期待を抑えながら、ひっくり返してみますと・・・・・。

Img_0067

当館にあるのは、う~んと、んっ?!「MAKI SANGYO CO. LTD.」でした!!

有名な「KAMOME HOME WASHER」ではなかったです。

しかし、英・独・米で取得した特許番号は同じですし、「かくはん」「ゆおん」の文字レイアウトも同じです。(但し、撹拌時間がカモメは10~20秒、MAKIは20~40秒ですが・・・・)

調べたところ、「MAKI」の真木産業は林製作所と同じ群馬県、桐生市にありました。お電話でお伺いしたところ、「製造していたことにまちがいないが、現品も資料も全く残っていないので、何もわからない」とのことでした。しかし、少なくとも昭和32年(1957年)以降の製造でしょう。

当館で、球形手回し洗濯機の左隣りに置かれている「Hitachi」の電気洗濯機は昭和29年製ですが、当初はとても高級品で、手頃な値段で一般庶民が購入できるようになるのは昭和30年代後半です。手回し洗濯機は、ほんの束の間、洗濯板から電気洗濯機へ移行する、日本の洗濯スタイルの過渡期を支えた道具だったのですね。

実際に使ってみたいですね♪ でもでも、ふたがないっ!!

紛失した(所蔵当時から)蓋を見つけた方はどうか届けてくださいっ!!(そんなことは無理ですけどね・・・・)

いまはもう失われた昭和30年代の、技術的にもデザイン的にも卓越した一品。

ぜひ、豊富郷土資料館でご覧になってください。(ふたがないですけど・・・・・残念!)

まゆこでした。Photo

« 中央市南の弓建嶺に石弓が建てられましたよ | トップページ | 日下部小学校3年生来館 »

球形手回し洗濯器について」カテゴリの記事

コメント

うちにはほぼ完全な状態で残っています。ゴム部の状態が心配ですが.....。

 はじめまして。
コメントありがとうございました。

球形手回し洗濯器についてはじめて記事を書いた2013年5月より、
当館の球形手回し洗濯器の調査も少し進展しております。

『球形手回し洗濯器について』というカテゴリーでまとめましたので、
よろしければご覧ください。

ジェット洗濯器の未使用品も収蔵でき、使用実験もできました。

カモメホームの方は現在でも使用に耐えますが、
ジェット洗濯器の場合はゴム製のため、未使用品でも経年劣化は防げず、
膨張圧力洗浄をを充分に遂行することが出来ないようです。
カモメより蓋の素材コストを下げた分、お値段も安かったのだとおもいます。
山梨県では、いまのところ、ジェット洗濯器しか売られなかったようですけれど。

またのご訪問、お待ちしております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1875313/51649733

この記事へのトラックバック一覧です: 球形手回し洗濯機:

« 中央市南の弓建嶺に石弓が建てられましたよ | トップページ | 日下部小学校3年生来館 »